ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

球場へ行きたいけれど

大阪出張の帰り、阪神梅田駅で私はちょっと逡巡した。
「本日、甲子園球場は当日券があります」の張り紙。
ん? 年間すべて完売じゃないのかい?
月曜日のオリックス戦はそれだけ人気がないという
ことか。
私は”行かない”ことにした。行きたい気持ちは強い
けれど、球団の強気な姿勢が気に食わない。
毎試合、5千人分の当日券を発売してくれ!
これが、私のささやかな希望である。

20年前、私は熱心に球場通いをしていた。
チケットを取れないことなど考えられなかった。
気が向いたら甲子園駅に降り立ち、球場に入った。
いつもアルプス席で、ビールを飲みながら寝そべって
見ていた。そして掛布のホームランに酔った。
それが今では・・・・・

a0048918_20273948.jpg


雑誌に虎キチで有名な小川洋子さんのインタビュー記事が
載っていた。「いまは甲子園球場に月1回、阪神タイガースの
応援に行ってます。ささやかだけど、かけがえのない喜び
ですね。」
数年前に阪神間に引っ越してきた彼女は今、熱心に球場
通いをしているようだ。そして、こんなことを言った。
「巨人は勝つばっかりでおもしろくないだろうと思って
ましたけど、タイガースが強くなって勝ち始めると、勝ち続ける
というのは喜びだなとわかって。
巨人ファンの気持ちが初めて
わかりました(笑)」
同感! 
時代は激しく変化している!!
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-22 20:31 | スポーツ | Comments(0)

料理人の心意気

a0048918_2046521.jpg
息子と神戸でイタリアン・ランチとしゃれ込んだが、内容は
お粗末だった。
ウルルンのシチリア料理に感激した息子と私は、南イタリア料理を
食べようと、ホームページでこの店を探し出した。
息子の第一声、「これならオレにも作れる味だ。」
私はシェフのおすすめランチ「いかすみ入り手打ちパスタの
渡りがにソース」を選んだが、何度も首をひねった。

料理は材料や原価率でまずくなるのではない。
やはりシェフの心意気がないとダメだ。忙しくても、
客においしいものを食べてもらいたいという、パッションがないと
絶対においしいものは提供できない。

a0048918_2042647.jpg
今晩は、平貝の刺身とアジのたたきで清酒をいただいた。
新鮮な魚介はやはり美味い。
a0048918_20424614.jpg
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-21 20:53 | 外食 | Comments(0)

グリーンサンタ

a0048918_21184071.jpg
「緑が減り、雪が消え、トナカイもいなくなったら
どうなるんじゃろ、クリスマスは。
サンタを待っている子どもたちは。
やっぱり自然あっての人間じゃ。
そうじゃ、今年もグリーンサンタでいこう。
この袋のなかみは「れんげ草」のたねじゃ。
れんげ草は花や葉を食べることもできるし、
弱ってしまった土を元気にさせる力を持っておるんじゃ。
みんなが素敵なクリスマスを迎えられるよう
わしと一緒に育ててくれると、うれしいのう。」


a0048918_21192318.jpg

以前、もらった”れんげ草”の種をまいてから約2週間目。
かわいい双葉があらわれた。
わたしの庭はもうすぐ”れんげ草”でいっぱいになるだろう。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-19 21:22 | スローライフ | Comments(2)

黒ウーロン茶

脂っこい料理には黒烏龍茶がよい」そうだ。
TVのコマーシャルでそう言っていた。
大好物の551蓬莱の豚まんと黒ウーロンを
組み合わせてみた。
冷凍の豚まんを蒸篭でしっかりと蒸す。
そして黒ウーロン茶だが、さして黒くないが
なんとなく効きそうな味がする。

a0048918_20343332.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-16 20:36 | 自炊 | Comments(0)

サラダはたのしい

a0048918_21521277.jpg
リラックスするために昨日も”あかねの湯”へ行った。
露天風呂に浸かりながら、タイガースの負けゲームを
ちょっと見る。
湯上りのビールはやっぱり美味い。
ここのビールと明石のお好み焼き屋のビールが優れて
いるのは、グラスまでぎんぎんに冷えているところだ。

ほたるいかのサラダ」なるものを注文。
ほたるいかの他に竹の子、菜の花、そらまめ、ふき、
蓮根、グリーンピースなどがのっていてたのしい。
ドレッシングの上に酢味噌までかかっていたので、
ちょっとしつこい味になっていたが、やっぱりサラダは
たのしいな。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-15 21:58 | 外食 | Comments(0)

貝にぞっこん

a0048918_19153322.jpg

庶民的な居酒屋で「トリガイの刺身」を見つけた。
トリガイの印象は今まであまり良くなかったが、
これが、意外にも美味い! 
甘くて芳醇な味だ。
目からウロコ、うまいトリガイもあるんだな。

最近、貝にぞっこんだ。
先日、明石のスーパーで「ミル貝」を見つけたが、
そのあまりにグロテスクな姿に買うのを躊躇した。
そのことを今は後悔している。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-14 19:18 | 外食 | Comments(0)

本を売るなら ブ○○オ○?

昨晩、冷蔵庫を覗くと糸コンニャクと赤ピーマンが
残っていた。
いつものアレをつくろうか?
豚肉とコンニャクと赤ピーマンをごま油で炒め、
醤油・みりん・酒で味をつけ、煎りごまを振る。
いつ食べても美味い。
a0048918_15503872.jpg


今日のランチはその残りものにプッタネスカソース
を混ぜてパスタにした。味は? こんなもんか?
a0048918_1551636.jpg


本の整理をして、ブ○○オ○に持っていった。
本はどんなものでも1冊100円にしかならないが、
ゲームは高値で買ってもらえた。
うれしくなって、村上春樹の古本を一冊買い求めた。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-13 15:55 | etc | Comments(0)

蒸篭に凝ってます

蒸篭(せいろ)料理を研究中です。
焼く、炒める、揚げるのとは勿論違う。
そして茹でる、のともちょっと違う。
「蒸す」料理はヘルシーでジューシー!
a0048918_2248304.jpg


今夜は蒸篭にもやしを並べ、その上に
下味(醤油・酒・しょうが汁)をつけた
豚バラ肉を並べて蒸した。
これをシンプルにポン酢でいただく。
「久保田」の熱燗と一緒に。
a0048918_1953378.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-11 19:59 | 自炊 | Comments(0)

こしあぶらの天ぷら

a0048918_21343850.jpg
先ほど、大阪出張から帰って来ました。
夕食は蕎麦屋で天ざるとビールで軽く。

十割蕎麦は「む? こんなもの?」という程度の味
だったが、天ぷらは良かった。
山菜”こしあぶら”は初めていただいた。
店主に聞くと、山歩きの仲間から送ってもらった
とのこと。なかなか手に入らないものらしい。
ほろ苦くて、大人の味。本日唯一の収穫だった。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-10 21:35 | 外食 | Comments(0)

シチリア風おやじパスタ

昨夜の「ウルルン滞在記」は感動した。
竹財君という若い俳優がシチリア島の家庭的なレストラン
でパスタ修行をする。
大声で指示が飛ぶ厨房で戸惑う彼。彼には父親との理解
し合えない確執があった。もう何年も会っていないらしい。
だから余計にファミリーを大切にするフランコお父さんの厳
しくも愛情豊かな接し方に心が揺れる。
彼は何度も涙を流した。それは、料理ができない不甲斐な
さや自分をアピールできないもどかしさよりも、父親という
存在がこんなにも「すごい」ものかという驚きだったに違い
ない。

a0048918_2057358.jpg
それにしても素朴で豪快なパスタ料理の美味そうなこと。
いわしのブカティーニやイカのパスタ、そしてフランコお父さ
んが作る「いわしのスープ」が素晴らしい。
日本の都会によくあるチマチマとした盛り付けのイタリアン
には行きたくない。 本来、イタリア料理の本質はマンマの
家庭料理なんだ。
私もシチリア風おやじパスタを作りたくなった。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-05-08 20:59 | テレビ | Comments(2)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30