ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

様変わりしたJ.ボンド

”茶目っ気があって、シャレがわかる小粋な色男”
それがJ.ボンドだった。
しかし、今回のボンドは違った。

慰めの報酬」というタイトルもクールだ。
愛した女を殺されて、復讐に燃えるボンドか?

  
a0048918_1855668.jpg


よって、ボンドガールとのヌレバも少ない。(ザンネン)
出だしからいきなりのカーアクション、そして
息つく暇もないアクションの連続・・・。
だが、前作を見逃したので、ストーリーについていけない。

「悪」が見えない。
昔の007といえば、勧善懲悪の構図が分かり易かった。
しかし、米ソの冷戦が終わって以降は
”悪役”設定に苦労している。

本作の脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」や
「クラッシュ」を手がけたポール・ハギスであり、監督は
「チョコレート」や「君のためなら千回でも」を撮った
マーク・フォースター監督である。

例えていうなら、是枝裕和監督に座頭市映画を
撮らせるようなものか?
作風が変わるのは当然だ。

今回のボンドは英国諜報部員というよりも、カタブツの
独国スパイに見えた。
シリアスで冷酷で、ワイルドでしつこい。
おまけに上司のMに楯突く。
おいおい、それはマズイぞ。

怒りに捉われた復讐は、空しい。
許すこころがあれば、やがて救われる・・。
こんな言葉が浮かんだ。
「怒りや憎しみは心の毒です。毒にあたって苦しむのは、
あなた自身です。」         (J.マーフィー)


ダニエル・クレイグも悪くないが、私はやはり
色気たっぷりのピアース・ブロスナンの方が好きだなあ。
by jimihen-2 | 2009-01-29 19:02 | 映画 | Comments(0)

繁昌亭で大笑い

今日は天満天神繁昌亭の昼席へ出かけた。
平日の昼間だから、やっぱりお年寄りばかり。
それは、もう仕方がないことだ。

一番楽しめたのは桂福車の「代書屋」だった。
お気に入りの演目なので、大笑いした。
彼はどんどんと実力をつけている。

あとは大トリを務めた笑福亭福笑が良かった。
久しぶりに顔を見たが、年をとったなあ。
昔はみんな若かった・・・。

桂文華という噺家を始めて聞いた。
彼の「池田の猪買い」はなかなか上手かった。
そして、桂文福は例によって大きな顔(こりゃ失礼)で、
相撲甚句を歌って笑いをとった。

やはり私は”はめもの”(お囃子)が入った古典が好きだ。
ベテランも若手も、もっと古典を勉強して、披露してほしい。
そして「芝浜」のような人情ものを聞いて、涙したいと
思っている。

ところで、寄席のお隣りに建つ天満宮では、受験合格
祈願の親御さんが熱心に手を合わせていた。

a0048918_2012091.jpg

by jimihen-2 | 2009-01-27 20:15 | スローライフ | Comments(0)

海老とブロッコリーのグラタン

ブログ「酒とコーギー」のかあちゃんのグラタン(ココ)が
とても美味しそうだったので、作ってみた。

  
a0048918_925442.jpg


もちろん、市販のホワイトソースを使用。
むきえび、マッシュルーム、玉ねぎ、ブロッコリーと
茹でたタリアテッレを短く切って入れた。

久しぶりに作ったが、家族には大好評だった。
安心できる味の家庭料理がいちばん。
by jimihen-2 | 2009-01-26 09:26 | 自炊 | Comments(2)

おとなの娯楽

平日の昼間だというのに、こんなゼイタクをしてよいのだろうか?

プッチーニのオペラを観に出かけた。
関西二期会公演の「修道女アンジェリカ/ジャンニ・スキッキ
というもの。予備知識はほとんどゼロの状態で望んだ。

「アンジェリカ」の方は、ちょっと単調な展開で、うとうとしてしまったが、
「ジャンニ・スキッキ」は分かり易い喜劇だったので、楽しめた。

  
a0048918_19332951.jpg


最近は「落語」と「オペラ」に興味がある。
来週は大阪の寄席に行く予定にしている。

おとなのゼイタク時間を楽しんでいる。
by jimihen-2 | 2009-01-23 19:37 | 音楽 | Comments(2)

2度目の注意

ユーチューブからメールが来て、
「あなたの動画に使用している音楽にクレームがついた」
とのこと。
要は著作権に抵触するとのことだろう。

動画につけるBGMには気を遣っていたつもり(30年以上
前の古い曲を選曲した)でも、やはりダメだった。

「広島食べ歩き」のビデオの音楽がミュート状態になっていた。
動画を消してしまおうかとも考えたが、折角編集してアップした
ものだから、音楽を入替えて残した。

今回で2度目のお叱りだから、イエローカード?
個人のネット遊びもムスカシイ。

(BGMを入替えた動画。 最初とは違うテイストになった)

by jimihen-2 | 2009-01-22 09:16 | パソコン | Comments(2)

愛のままで‥

団塊の星は小田和正だけではなかった。
同年代の花岡優平が作り、団塊の秋元順子が歌った「愛のままで‥」
がヒットしているらしい。

「だれかとくらべる幸せなんて いらない
 あなたの視線が 愛しくあれば‥」

熟年離婚ばやりの世の中だ。
このまま穏やかに二人の人生を全うしたい、という
中年の奥さまがたの心境を歌ったものか?
それとも、中年ダンナが奥さまに求めているのか・・・

「生きてる限り ときめきをなげかけて
    愛が愛のままで 終わるように」
「キャンドルの灯が いつか消えるときまで
    愛が愛のままで つづくように」


中年女性にとってはグッとくる歌詞だろう。
実に興味深い歌だ。
by jimihen-2 | 2009-01-21 09:12 | 音楽 | Comments(0)

WINDOWS7の評判


a0048918_19564812.jpg

マイクロソフトの新OS=ウインドウズ7(ベータ版)
の評判はまずまずのようですね。
(私はダウンロードしていませんが‥)

XPほどではないが、VISTAよりもサクサク動くと
いうのが大方の感想です。
(「ビスタ飛ばし」が現実のものになりそうな気配がする?)

ベータ版の使用期限が今年の8月1日だとか。
と、いうことはその頃に正規版がリリース?
そうすれば、新しいPCが買えるんだけど・・・。
by jimihen-2 | 2009-01-19 20:02 | パソコン | Comments(0)

チェ・ゲバラと西郷隆盛

■前段

若者の「クルマばなれ」「酒ばなれ」が顕著だという。
モノが余り、モノが売れない時代だ。

素朴な疑問がある。
政府は不況対策として個人需要を喚起しようとしているが、
要らないモノを買え、と言っているの?

かつてセゾングループを率いた辻井喬氏はこう言う。
「現在は選択的な好みによる需要しか残っていません。
一人ひとりのテイスト(趣味や志向)が違い、生活パターン
が違うためです。私は”選別消費”と呼んでいます。」

クルマやテレビを大量に生産して、「どうして売れないのか?」と
天を仰ぐ者こそ大いなる見当違いをしているのではないだろうか?

先の辻井氏はマルクスの「資本論」の一節を紹介した。
「マーケティングのロジックが通用しない現状を言い当てています」
というコメントを添えて。

    本質的には人間の欲望を満たす行為である消費が、
    資本主義社会になってからは労働力の再生産のための
    消費一辺倒になってしまった。      (マルクス)


More
by jimihen-2 | 2009-01-17 14:47 | 映画 | Comments(0)

待ってました! 日清カップライス

日清食品から即席カップライス「日清GoFan (ゴーハン)
が発売になるそうだ。

かなり昔に、同じような製品=「カップライス」があった。
お湯を注いで待つ(ひっくり返したか?)だけの製品だったが、
短命に終わった。
レトルトのご飯は普及しているが、お湯を注ぐインスタントご飯は
技術的に難しいのだろうか?
食糧自給率の問題もあるし、今回のものに期待したい。

水を注いでから電子レンジで5分間チンするだけ。
早く賞味したいものだ。
by jimihen-2 | 2009-01-16 19:14 | インスタント | Comments(0)

カルツォーネ

昨日は食べ過ぎて、夜中に気分が悪くなったので、
今日のランチはこんなものにした。
ドトールの「チキンとキノコのカルツォーネ~クリームソース」

a0048918_17204312.jpg


ピザ風の生地にホワイトソースがサンドされている。
勿論、おいしいのだがチーズをもっと入れてほしい。

トマトと生バジルが載ったマルゲリータが無性に
食べたくなった。

  
a0048918_17211213.jpg

by jimihen-2 | 2009-01-15 17:23 | 外食 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー