人気ブログランキング |

ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日の 「ちりとて」 と・・・

草若師匠が草原に言う。
「落語が上手くなりたいだけで精進してるんやない。
緑さんに喜んでもらいたい一心で頑張ってるんとちゃうか?」

また、やられました。

愛する人に自分の良いところを見てほしい。
成功して一緒に喜びたい一心で人は努力するんですね。



それからもうひとつ、昨夜の「その時歴史が動いた」にも
やられました。
時は江戸中期、富士山が大噴火して麓の小田原藩は甚大な
被害を受ける。特に酒匂川の川底があがり、大氾濫を繰り返した。

そのとき、幕府に意見書を出した男がいた。名を田中休愚という。
「酒匂川の工事では、金が空しく豪商のものとなり、将軍の慈悲も
民衆までは届いておりません。」
これを見た将軍吉宗は、彼に護岸工事の指揮を命じる。
そして、これに応えた休愚と娘婿は10年以上にわたる苦闘の末、
洪水のない川に戻した。

この番組を見ていて、とにかくうれしくなった。
自分の知らない偉人に出会えた喜び。
困難な事業を実践した休愚もえらいが、人物を見抜いて抜擢を
した吉宗もできる男だ。

これは地方行政のあるべき姿を描き出しているのではないか?
民衆を守るために国へ窮状を訴えて資金を確保し、知恵の
限りを使って目的を達成する。
すばらしい番組だった。

by jimihen-2 | 2008-01-31 20:16 | テレビ | Comments(2)

エスニック焼肉と豚汁

本日は冷蔵庫の整理の日。

カルビ肉と赤ピーマンを炒めて、焼肉のタレと
ナンプラーを振った。
エスニック焼肉だ。
これが、  なかなか旨い!

  
a0048918_20274355.jpg


大根と人参の残りを短冊切りして、
豚バラ肉を加えて、カンタンな豚汁にした。
ご飯にはすぐき漬けと野沢菜を乗せて・・・。

  
a0048918_2028265.jpg


この豚汁はすごい。95点くらいか?
牛蒡とこんにゃくが入れば100点超え・・。
by jimihen-2 | 2008-01-27 20:30 | 自炊 | Comments(2)

スウィーニー・トッドの暴力性

ジョニー・デップ主演のミュージカル映画「スウィーニー・トッド」
を見て、「オペラ座の怪人」の映画版と比較してみた。

■スウィーニー・トッド
a0048918_18143110.jpg
ターピン判事という権力に裏切られた男の憎しみと絶望、そして復讐から狂気へ
カミソリからしたたり落ちるおびただしい流血と
おどろおどろしいミートパイ
悪趣味な中に美しさや可笑しみを盛り込むティム・バートン監督
作品とは言え、限りない嫌悪感
グロテスクな寓話

■ファントム
愛する女に裏切られた悲哀と絶望
復讐の鬼となるが、やがて・・こころの変化が
オペラ座の地下の湖を小舟で渡れば
おびただしい数のろうそくが揺らめく、そこは迷宮
激しくも甘美な音楽
攻撃することでしか存在を示せない男の悲しみに憐憫の涙
共感し、同化する
ミュージカルの最高峰

満たされない男たちの暴力性を考えたとき、河合先生の
文章を思い出した。

河合 「ぼくは、読者が同一化してシンパシーを感じている主人公
こそが、暴力に深くかかわることに意味があると思うのですよ。
それはどういうことかというと、わたしはそういう暴力性を持って
いますよ、ということなんです。
みんな持っているのですよね。
暴力というか、腕力、人間はそういうものを持っていたから
生き延びて来たのです。」
   (「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」より抜粋)
by jimihen-2 | 2008-01-26 18:17 | 映画 | Comments(2)

ワンセグちりとてちん

困った。
a0048918_20265049.jpg
朝の連ドラ「ちりとてちん」を最後まで見て会社へ
行くと、始業ギリギリになる。
テレビの留守録は(パソコン録画なので)よく分からない。

そうだ、ワンセグをクルマの中で見よう。
ということでW-ZERO3を引っ張り出してみたが、
運転しながらでは危なっかしい。
お陰で、今朝の放送は消化不良のまま・・見逃した。
う~む、とてもザンネン。
by jimihen-2 | 2008-01-25 20:29 | テレビ | Comments(3)

幸楽苑の中華そば

a0048918_19502457.jpg

以前から気になっていたラーメン店を訪れた。
福島県に本部があるチェーン店の「幸楽苑」。

看板になっている中華そば(304円)と餃子(189円)を注文したが、このラーメンは、つやつやシコシコの麺が良い。
好きな喜多方ラーメンにちょっと近いかも。

かなりコストパフォーマンスの良いラーメンだ。
次は味噌野菜ラーメンを頼んじゃおうかな・・・。
by jimihen-2 | 2008-01-23 19:52 | 外食 | Comments(3)

カレーの日

1月22日はカレーの日だそうだ。
へぇ 3つ。
昭和57年に給食メニューに採用された日だとか。

今日はJAZZの日でもあるようだ。
JAnuaryの22(ZZに似ている)だそうだが、
ちょっと苦しい。

今夜はJAZZを聞きながらカレーでも食べようか?
ミンガスのカレー、食べたいなあ・・・・
by jimihen-2 | 2008-01-22 07:41 | スローライフ | Comments(2)

ヴァイオリンリサイタル

今日は昼から雪まじりの雨。
会社の先輩Tさんの娘さんが始めてのヴァイオリンリサイタル
を開くということで、市の音楽ホールへ出かけた。

クラシックのコンサートなんて本当に久しぶりだ。
それも、ヴァイオリンのソロコンサート(ピアノ伴奏のみ)である。
不慣れな場所なので、会社の友人を誘った。
その友人はコンサートと名のつくものは初めて、という
あきれるような変り種?だった。

1ヶ月ほど前にTさんが会社を訪ねてきた。
今はリタイアして地域のボランティアをしていると言った。
来訪の目的は、娘さんのコンサートの誘いと吹聴の依頼
だった。彼の娘さんがドイツにヴァイオリン留学をしていると
いうことは在任中に聞いていたが、ソリストになって、
ソロコンサートを開く腕前だとは思っていなかった。

コンサートが始まった。
スリムな身体をルージュのロングドレスで包んだ姿は
美しかった。ヴァイオリンを構える姿も優雅で、堂々と
している。
彼女のプロフィールを読むと、3歳のときから楽器を始め、
29歳の現在に至るまでヴァイオリン一筋の歩みである。
演奏を聴きながら、私は数日前に見たプロゴルファー
上田桃子のことを思い出した。
幼いころから自分の夢を追いかけてひたすら練習に励み、
親は子供のために精神的、経済的な支えとなる。
言わば、親と子の2人3脚で初めて一流のゴルファーや
音楽家が誕生する。
Tさんは「まだまだ金がかかるばかりで‥」と苦笑いして
いたが、これから娘さんが親孝行をしてくれるだろう。
良い子供をもって幸せだな、と思う。
by jimihen-2 | 2008-01-20 18:52 | 音楽 | Comments(1)

あの日から13年

「災難は体験した者にしか理解できない」
これは13年前の大震災で得た経験による。

しかし、広島の原爆資料館を訪れたときのショックは
今だに忘れない。愚かで悲惨な戦争を二度と起しては
ならないと訴える力を持っていた。

人はとかく忘れがちだ。
理解し得ない人とはケンカをしてしまう。
戦争だって「正義」の名のもとに実行される。

だから1月17日は追悼と防災とボランティアの日として
永く記憶に留めるべきだろう。
by jimihen-2 | 2008-01-17 07:00 | etc | Comments(0)

ロンドンハーツ

バカバカしいけど、おもしろい。
ロンドンハーツで、「俺たちのNO.1」という他愛のないコーナー
があった。芸人たちが好きな女優を語るというもの。

1位は意外にも「永作博美」さんだった。
地味な深津絵里さんも入っていた。
正直、おどろいた。

わたしも考えてみた。好きな女優かあ・・・・。
夏川結衣、富田靖子、深津絵里、田中裕子。
青い鳥、さびしんぼう、ハル、天城越え、映画のイメージがくっつく。

内山理名、竹内海南江、笛木優子・・・・
ステキな女性はいっぱいいる。
来月になると永作博美さんの新作映画が封切られる。
見に行こう。
by jimihen-2 | 2008-01-16 07:44 | テレビ | Comments(0)

シネカノン

退屈な3連休だ。
早朝、姫路の魚市に行こうか迷ったが結局やめた。

何か映画でも見たいなと思い、シネカノンで上映中の
ここに幸あり」を鑑賞。
4年ほど前に見た「月曜日に乾杯!」と同じ監督の
作品だった。監督は73才。今回は出演もしていた。

  
a0048918_1842088.jpg


「いまいる場所が、いちばん幸せ」
「ただ生きてあるこの幸せ」
老監督はただひとつのことを描く。
観客は2時間の間、それをじっくりと心に刻む。

ランチに北海ラーメンの正しい「味噌ラーメン」を食す。
中華鍋で豚ひき肉、玉ねぎ、もやしを炒めてからスープを
溶き入れるのが正しい味噌ラーメンだ。
札幌ラーメンのモチモチ感も良い。
満足して帰途についた。

a0048918_18425219.jpg

by jimihen-2 | 2008-01-13 18:50 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー