人気ブログランキング |

ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:スローライフ( 95 )

梅雨が明けたみたい



a0048918_1925839.jpg


 今日は「海の日」。見事な晴天になった。

チャリンコに乗って近くの海浜公園へ行く。
途中、コンビニで冷たいお茶を買い、公園の木陰にあるベンチに座る。

a0048918_1932839.jpg


持参のラジオで、上沼恵美子の”こころ晴天”を聞く。
目の前には海と戯れる親子連れ、空にはもくもくと張り出した積乱雲。
吹き抜ける風が気持ち良い。

梅雨はもう明けたのかもしれない。


a0048918_1933255.jpg

by jimihen-2 | 2012-07-16 19:06 | スローライフ | Comments(0)

スーパー銭湯巡り


 退屈をまぎらわせるために、西宮のスーパー銭湯を訪ねた。

●やまとの湯

 いかにも庶民派の銭湯だが、明るくて開放的なところが良い。
 常連らしき客が心底、湯を楽しんでいた。
 ただ食堂の雰囲気と、料理の内容はちょっと・・・。


●熊野の郷

 高級感を演出して、館内の照明を落としているが、必ずしも
 それが成功していない。
 伺った日は、客も少なくて寂しい感じがした。
 それでも、スタッフのホスピタリティは良く、食事はそれなりに
 美味しかった。
 天重 千円也

a0048918_833950.jpg

a0048918_835828.jpg

by jimihen-2 | 2012-05-20 08:05 | スローライフ | Comments(0)

生田神社へ初詣


a0048918_14205527.jpg


 2012年の初詣は三宮の生田神社へ行きました。
相変わらずの人出です。
賽銭を投げ入れ、家族の健康を祈願しました。

a0048918_14201354.jpg


a0048918_14203739.jpg


とある場所でビールと串カツで仕上げです。
神戸の串カツソースは濃厚で塩味が強すぎる・・。
大阪の”二度禁串カツ”のソースの方が断然うまい。

a0048918_14211266.jpg

by jimihen-2 | 2012-01-03 14:23 | スローライフ | Comments(0)

みんな運動会が好き!

 朝から軽快な音楽が聞こえる。
マンションに隣接した小学校の運動会が始まったようだ。
ちょっとのぞいてみよう。

 
a0048918_13371650.jpg


小学1年生はとても可愛らしい。
子供たちは直線のコースを一所懸命に駆け抜ける。
生まれて初めての”競走”なのかもしれない。

 
a0048918_13374134.jpg


続いて5・6年生合同の騎馬戦が始まった。
今どき、この競技が生き残っていることに驚きと感動を
覚えた。

 
a0048918_13381240.jpg


見てみると、男女混合である。
教育方針も、ころころと変わる。
ゆとりだ、否脱ゆとりだ‥。そして、男女共に”闘う”と
いうことを教えねば‥という方針が出されたたのかもしれない。



とかく日本人の精神の変容が指摘されるが、小学校の
運動会を見ていると、(私たちが子供の頃と同じ)
古い伝統がそのまま引き継がれていることが分かる。

だから運動会を見ると無条件に嬉しくなる。

 
a0048918_13383757.jpg

by jimihen-2 | 2011-10-01 13:44 | スローライフ | Comments(0)

KANDINSKYの「インプレッション」


 若い頃はメルヘンチックなシャガールの絵が好きだったが、
歳を重ねると、マチスやクレーのファンになった。


私のマンションの自室の壁には「パウル・クレー」の点描画の
ような絵があり、リビングには10年来「カンディンスキー」
の黄色い抽象画が飾られている。


神戸の美術館で「カンディンスキーと青騎士展」という展覧会
が開かれていたので、覗いてみた。

  
a0048918_1692883.jpg



彼の生涯に亘っての作品が展示してあるのかと思ったが、
1910年前後 彼が抽象アートの扉を開けようともがいていた
時期の作品だけを集めた展示だった。

  
a0048918_167663.jpg
  


私は1枚の絵の前で釘ずけになった。
タイトルは「インプレッション3(コンサート)」。
シェーンベルグのコンサートを聴きに行った彼は大いなる感銘を
受けてこの作品を一気に描きあげた。

上部にグランドピアノがあり、多くの聴衆が聴き入っている。
黄色はカンディンスキーの熱い魂を表わしているのか。


絵を見ながら、じんわりと目頭が熱くなった。
感動がアートを生む。そして、そのアートがまた見る者に感動を
与える。

彼は「抽象画の父」と呼ばれているらしい。
具象からスタートした絵画を様々な表現で成長させ、やがて抽象に
至る。それが芸術家の一生である。
たどりついた時点でその生命が尽きる。嗚呼。

by jimihen-2 | 2011-06-07 16:13 | スローライフ | Comments(0)

よね吉に泣かされた



 ちょっと乱暴な言い方をすれば、
上方落語は軽い噺が多い。
そして「はめもの(お囃子)」が入る。
御陽気な演目をハデに演じるのが上方の落語だ。
それが良さでもあり、物足りなさでもある。

片や江戸落語は、じっくりと聴かせる話が多い。
私は立川談春の人情噺が好きで、電車やバスの
中でよく聴いている。



 久しぶりに「動楽亭昼席」へ出かけた。
今回のお目当ては、よね吉・雀松の二人。

最近の昼席は客がよく入る。
今日も7割程度が埋まり、その内の半数以上が
女性だった。
よね吉の親衛隊なんだろうか?

 
a0048918_913952.jpg



さて、トップバッター吉の丞(きちのじょう)の
「時うどん」は元気がイイ。一気に場の雰囲気を作る。
続く雀太の「饅頭こわい」も、絶妙の間で大いに
受けた。

中入りをはさんで、雀松師匠が上がる。
どんな演目をやるかと期待したが、何回か聴いた
ことのある「マキシム・ド・ゼンザイ」だった。


いよいよトリのよね吉が登場。
マクラは、米朝師匠宅で修業をしていた時代の
話から入り、師匠夫婦のケンカネタで
「子別れ(子はかすがい)」につないだ。




  大工の熊五郎は腕はいいが、「飲む打つ買う」の
 自堕落な生活で夫婦間のケンカが絶えない。
 そんな亭主に愛想をつかした女房はせがれの亀坊を
 連れて家を出てしまう。

 熊は吉原から女を身請けして長屋に連れてくるが、
 どうにもうまくいかない。
 自分にはやはり元の女房が合っていたんだと気付く。


 3年が経ち、すっかり立ち直った熊は大工の棟梁と
 して羽振りの良い生活をしている。
 ある日、通りを歩いているとせがれの亀を見つける。
 恐るおそる女房のことを聞くと、内職をしながら
 母子二人で細々と暮らしているとのこと・・。
 熊はせがれに50銭を渡し、翌日うなぎ屋でもう一度
 会おうと約束する。
 そして、次の日・・・。



よね吉の話芸が冴えわたる。
別れた女房への悔恨の情、そしてかけがえのない人
だと気ずいた切なさ。うれしさ。
夫婦の情感、そして親子の絆をやさしく語りかける。
ほろりとさせたかと思えば、笑わせてくれる。

いい噺が聴けた。
大阪新世界で、こんな人情噺が聴けるとは・・。
ちょっと驚いた。
会場に大きな拍手が起こり、いつまでも鳴り止まなかった。

by jimihen-2 | 2011-03-08 09:17 | スローライフ | Comments(0)

なんだろう? 気になる。


私のマンションの横で、建て替え中の建物。
福祉施設だが、建物の真中がぽっかりと空いている。
なんだろう?
屋外で運動をするのかな・・。気になる。

 
a0048918_14243850.jpg


家族でまた「かごの屋」へ行ってきました。
「カニ釜飯」がおいしかったです。
小さなしあわせ。

 
a0048918_14253655.jpg

by jimihen-2 | 2010-12-29 14:26 | スローライフ | Comments(0)

師走の落語会

a0048918_8424853.jpg


芦屋ルナホールで、落語会があった。
大阪「動楽亭」で見慣れている落語家の出演で
あったが、大きなホールで聴く落語も面白いのでは
と思い、出かけてみた。

公演の前に芦屋駅近辺で腹ごしらえ。
「天せいろ」
a0048918_843868.jpg


外へ出ると、イルミネーションがキレイだった。

さて、「芦屋市民寄席」の出し物は次の通りであった。
・桂佐ん吉   声の通りが良い。
・桂米紫    「田楽喰い」  芸が小さく感じた。
・桂南光    「小言幸兵衛」  おもしろいが、悪声が‥。
・桂ざこば   「天災」  文句なしに一番光っていた。
・桂雀三郎   古典をやってほしかった。新作は楽しめない。

by jimihen-2 | 2010-12-03 08:45 | スローライフ | Comments(0)

好きな場所



今日は暖かかったので、ニット姿で外出です。

近所の街路樹も色ずいてきた。
あとしばらくすると、鮮やかな紅葉が見られるだろう。
とても好きな場所。

 
a0048918_19262034.jpg


マクドに入って、以前から気になっていた
季節限定のチキンメニュー「ディアボロ」を注文。

 (バンズを開けてみた・・)
 
a0048918_19263976.jpg


ペッパー風味のケチャップソースがたっぷりの
チキンカツバーガーといった商品だった。
なかなかウマイっす。
by jimihen-2 | 2010-11-08 19:33 | スローライフ | Comments(0)

うんどうかい


先週末、隣りの小学校で「運動会」があった。

1ヶ月間に亘って、練習ぶりを垣間見てきた。
組体操や大玉転がし、綱引き・・・
私たちの時代と変わっていない。

これが、「伝統」ということだろう。
世代を超えて、同じ話ができる。うれしいことだ。

a0048918_917515.jpg

by jimihen-2 | 2010-09-28 09:19 | スローライフ | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31