人気ブログランキング |

ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

桂ざこばの「厩火事」


 久しぶりに動楽亭の昼席へ。
トップバッターの弥太郎君は、吉弥のお弟子さんとのこと。
3年目といえば、まだひよっ子だ。しっかりと、稽古に励んでほしい。
出しものは「つる」。

続く吉の丞君は声がでかい。一本調子になるので、時には春団次風に
呟くような工夫がほしい。 「犬の目」
出丸さんを久しぶりに聴いた。中堅どころだと思うが、芸風が落ち
着いている。出しものは、”つまらん”と”一杯飲める”の攻防、
「二人ぐせ」
米二師匠は、「茶の湯」という珍しいネタを披露。江戸落語か?
やや退屈な噺だった。

a0048918_8365741.jpg


後半はこの小屋の席亭”ざこば師匠”が登場。
マクラで夫婦間のぼやきを延々と語り、「うまや火事」につないだ。
師匠の落語の良さは「間」にあると思う。
とつとつとした語り口であるが、なぜか引き込まれてしまう。
髪結いの女とヒモのような遊び人が見せる駆け引きが聴きどころ。
ジーンとしてしまった。


大トリは円熟の境地の文我師匠。出しものは「御神酒徳利」だった。
30分を越える長い噺だったが、ストーリーが面白いので、充分に
楽しむことができた。


帰りに、近くの庶民居酒屋「奴寿し」で、徳利と焼酎お湯割りを‥。


a0048918_837374.jpg

a0048918_8374062.jpg

by jimihen-2 | 2012-11-10 08:39 | 落語 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31