人気ブログランキング |

ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

アナログレコードコンサート

 芦屋市の美術博物館で「アナログレコードコンサート」があると知って、
出かけてみた。
「ジャケットデザイン 50-70's」のイベントとして企画されたもので、
古いアナログレコード盤のジャケットを展示して、そのデザインの面白さを
再発見しようという催しだった。

「電リク」で人気があったラジオ関西の所蔵レコードの中から200点ほど
が並べられていた。エルトン・ジョンやバーズやE.L&Pのタルカス等
自分が持っていたLP盤に目がいく。

ガラスケースの中に懐かしいシングルレコードを見つけた。
シャドウズの「春がいっぱい

ああ懐かしい・・、じっと見ていると学生時代の甘酸っぱい感覚が鮮明に
蘇ってきた。







ホールの前方には三菱のモニタースピーカーR305がデンと据えられている。
会場を埋めた客はほとんどが団塊シニアかその前後の世代。
青春時代を思い出したくてやってきたのだろう。

レコードコンサートが始まった。
ビートルズ、ポール・アンカ、ファッツ・ドミノなどの曲が流れる。
聴衆は目を閉じて聴き入っている。
ラジオ関西のアナウンサーと共に進行したのは団塊世代の大学の先生だった。
氏は幼少時代に聴いた洋楽として「アーサーキッドのウシュクダラ」や
「しょじょ寺のたぬきばやし」をリクエストした。
うーん、懐かしいのは確かだが、特別の感慨はない。


30年間に亘るおびただしい楽曲の中で、自分の思い出にピッタリマッチする
曲というのは少ない。10曲の内で2~3曲でもあれば、喜ぶべきなのだ。
そんなことを考えながら次の曲を待っていたら、ストライクど真ん中の曲が
紹介された。
ダスティ・スプリングフィールドの「この胸のときめきを

彼女の熱唱がホールを包み込む。
そして、終盤のたたみかけるような転調!
高校3年生の私は受験勉強をしながらこの曲を聴いた。感動の余りウルウルし
ながら聴いていた。

音楽は良い。いとも簡単にオヤジを青春時代へ連れ去ってくれる。





by jimihen-2 | 2011-07-17 13:27 | 音楽 | Comments(2)
Commented by しろくま at 2011-07-17 18:03 x
8月7日に、加古川寺家町商店街フリマで、街角ジュークボックスなる企画を立てました。そこらへんに昔懐かしい、歌謡曲、ポップス、フォークなどのレコード並べて、通行人の「これかけて」に応ずるというしかけ。一曲なんぼにしようか思案中。10円は安すぎるし、100円じゃ高い。(金を取るのか?としかられそう・・・)50円で二曲というのはどうだろうかとか・・・よかったら参戦ください。
Commented by ジミヘン at 2011-07-17 22:56 x
こんばんは、お久しぶりです。
人力のジュークボックスとは面白いアイデアですね。
行く機会がありましたら、のぞいてみたいと思います。

line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31