人気ブログランキング |

ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

GWの落語昼席


 連休中日の平日に大阪新世界へ。
通天閣界隈は若い観光客でいっぱいだ。


いつもの「動楽亭」へ向かう。
開演前に若い落語家が「勉強中」として噺を披露する。
今回は女流落語家の”桂鞠輔(まりすけ)”さん。

ころころっとした可愛らしい女性だ。
演目は「子ほめ」。後で調べると、入門してから
丁度1年になるらしい。
内容を間違えないようにするだけで精いっぱいだったが、
ていねいに喋るところに好感がもてた。

女流落語家はムズカシイ。
噺の内容が男話ばかりだから、苦戦は承知の上だろう。
是非、頑張ってほしいと思う。

鯛蔵、まん我、米輔、雀松と続き、中入り。
若い鯛蔵君の「つる」、まん我君の「煮売屋」が
ハツラツとして良かった。



さて、お待ちかねのよね吉師匠は「商売根問」と
いうおバカネタを披露した。
そしてトリを務めたのが”あさ吉”師匠。
トリの大役に、マクラはしどろもどろだったが、
演目の「抜け雀」に入ると、じっくりと聴かせた。

何度か聴いたネタであるが、考えてみれば不思議な
噺である。
絵に描いた5羽の雀が紙から抜け出して、また絵の中に
戻るところはちょっとしたファンタジーか?


 
a0048918_84184.jpg


終演後、ジャンジャン横丁を抜けて、
お気に入りのたこ焼き屋へ。

大きくてトロっとしたたこ焼きをひと舟いただく。
8個入り300円は、観光地の人気たこ焼きと
して破格のコスパではないだろうか?
ごちそうさまでした。

 
a0048918_8413127.jpg

by jimihen-2 | 2011-05-03 08:45 | 落語 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31