ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

塩辛ドレッシングのサラダ

Aコープで買ってきたブロッコリーは、小ぶりでかわいらしい。
これをアルデンテにボイルした。
イカの塩辛があったので、これでドレッシングを作る。
電子レンジで1分加熱して、オリーブオイルを加えるだけ。
和風アンチョビといったところでしょうか? 
いい風味です。

a0048918_20322634.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-13 20:34 | 自炊 | Comments(0)

上を向いて歩こう

a0048918_1840345.jpg
旅行のチケットをもらいに、明石へ出かけた。
仕事が一段落したので、温泉にでも出かけたいと
思ったのだが、妻のリクエストで札幌へ行くことになった。
まだまだ寒い季節に北国へ・・・?
マ、おいしいものを探して、楽しみたい。

明石に来ると、やっぱりいつもの居酒屋へ。
イカナゴの天ぷら」でビールをいただいたら、
余りの美味さに滓のようにたまったストレスが溶けてゆく。


いい気分になって店を出ると駅前で、若者がなつかしい歌を歌っていた。
a0048918_1841878.jpg

♪上を向いて歩こ~う 涙がこぼれないよう~に
幸せは雲の上に 幸せは空の上に・・・

聞いていると、だんだんと元気が出てきた。
そうかあ、そういうことなんだな。
上を向いて、 歩くんだな・・・・。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-12 18:53 | 外食 | Comments(0)

美味なり、「ぬた」

時間つぶしに、蕎麦屋に入って熱燗を注文

アテは「あさりとわけぎのぬた」

実に良い、これぞ正しい居酒屋料理だ。

a0048918_19302534.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-11 19:34 | | Comments(0)

人は人を差別したがる・・・

オスカー受賞作「クラッシュ」を見た。

白人が黒人に言う。「この くそニグ○め!」
そしてラスト近く、黒人がアジア人に向かって吐く。
「この くそ中○人め!」

憎しみと怒りの連鎖
アメリカ、中南米、中東、そして日本、中国、韓国、北朝鮮・・・・・
「はい、お手上げです。みんな自衛のために銃を持ちましょう。」
そう言うしかない。

結局は、人は人を差別したがる、ということ?
下に見る人を見つけて、安心する。

a0048918_18595611.gif

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-11 19:06 | 映画 | Comments(0)

読者に聞け!

わたしが敬愛する絲山秋子さんは、自分のHPでときどき 「読者に聞け」 というアンケートを行う。
今回が第3回目で、テーマは彼女にインタビューしてちょうだい、というもの。
面白い質問が集まった。わたしが出した3つの質問にもきっちりと答えてもらっている。
芥川賞をもらってからも、ネットでこんな遊びをやっているところが好きだなあ。

特に大笑いしたのが次の質問の答えだ。

48,先生にとって「至福のとき」とはどのようなときですか。
寝たらいけない、と思いながらする昼寝

75,最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?
朝起きたら眼鏡が背中の下で割れていた。或いは携帯がないけれど動く気力がない。

そして、感心したのは次のQ&Aだ。

103.入院中に執筆を始めたそうですが、孤独な作業を支えたものは何ですか?誰に読んでもらったのですか?
文章を書くことは、登場人物と話すことなので決して孤独ではないですよ。ごく親しい友人が読んでくれました。

他も読みたい人は、HPをご覧あれ。
    =>  http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/9882/interview.html
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-09 19:47 | | Comments(0)

おいしい豚まん

地元のメル友に紹介された別府(べふ)の中華料理店
四興楼」で名物の豚まんを買ってきた。
ほかほかの豚まんを木の皮に包んでくれた。

1個がすごく大きい、そして餡にはしっかりと味が
ついていて 絶品の美味さ。
値段もいい(1個200円)が、味もすごくいい。
いつものように、とんかつソースとからしを付けて・・。

a0048918_2019166.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-08 20:20 | テイクアウト | Comments(0)

食べ難いったら・・・ない

モスバーガーの季節限定「ライスバーガー、カツカレー」を試食。
見た目はちょっと よくない。
さて、これをかぶりついて、と。
大きくて食べ難い、それにカレーが口の端について、
そのたびに紙で口をぬぐう。
カツはうまいが、カレーソースがいま一歩か?

途中で気が付いた。
フォークが添えられていたので、これを使って
少しずつ切り分けて食べると、食べやすい。

a0048918_19485946.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-07 19:52 | 外食 | Comments(0)

エビマヨ

先日、時間をつぶすためにファミレスに入った。
そしてビールと「エビマヨ」を注文。
これが、意外にも美味かった。
プリプリとした小エビと千切りのキャベツにしつこくない
マヨネーズソースがかかっていた。

明石のパントリーで小エビを仕入れてきた。
ちょっと長いので真ん中から半分にカット。
下味は白胡椒だけにした。
小麦粉と片栗粉を少量の水で溶いて、かたい目の
衣をつけて、油でじっくりと揚げた。
サクサクに揚がったエビに(マヨネーズ+コールスロードレ)
のソ-スをかけた。アクセントに菜の花のボイルも乗せた。

実にウマイ、ビールがススム。
                  (写真はマヨネーズをかける前)
a0048918_1973687.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-05 19:15 | 自炊 | Comments(0)

セイント・ラルフ

邦題は「リトル・ランナー」という。
「リトル・ダンサー」の次を狙ったようなネーミングは安易で、ちょっといただけない。

勉強もできないおませな14歳の悪ガキ、それがラルフ・ウオーカー少年だ。
父は戦死し、母はいま病床にある。
悪戯ばかりしている彼だが、毎日母親を見舞う。母が亡くなれば、
孤児になって学校も家も放り出されてしまうだろう。

a0048918_193734100.jpg


ある日、母が昏睡状態になる。呼びかけても、音楽をかけても意識が戻らない。
そんなとき、彼は”奇跡を起こせば、母の意識が戻るかもしれない”と
思うようになる。そしてボストンマラソンで優勝するという奇跡を起こす計画
を立てる。
神のしもべである者が「奇跡」を起こすなど許されないとする敬虔な
カトリック教徒の校長は激怒して、その無謀なユメをあきらめるように迫る。
しかし、彼は大会までの6ヶ月間を死に物狂いで練習する。
そして、試合当日を迎えるのだが・・・・。

a0048918_1937652.jpg


ラルフ少年は何故「セイント」なのか?
だれでも、努力をすればやがて必ず報われる。
それを神の視点から描いているような気がした。
絶対的に服従する対象を持たない(信仰心うすい)我われ日本人からすると、
一面うらやましく感じる映画だった。
[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-04 19:40 | 映画 | Comments(0)

なんだかなあ、の日本アカデミー賞

今年の日本アカデミー賞は「ALWAYS 三丁目の夕日」が
ほとんどの最優秀賞を総なめにした。
この映画にほれ込んだ私も、びっくりの結果だった。

授賞式の模様を放映しているのは日テレ、そしてこの映画は
日テレが製作した映画だ。うむ、なんだかなあ、と思わざるを
得ない。

a0048918_2302825.jpg


でも、吉岡君が受賞したときの薬師丸さんの涙と、パッチギで
衝撃のデビューを果たした沢尻エリカちゃんのかわいらしさが
印象的だった。

a0048918_231267.jpg

[PR]
# by jimihen-2 | 2006-03-03 23:02 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28