ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

餃子の王将で「肉団子の唐揚げ」


映画を観終わり、この店で余韻を楽しむ。
瓶ビールと肉団子唐揚げ。
肉団子に花椒塩(?)がついていなかったので、
お兄さんに言うと、卓上の小瓶を示された。

a0048918_9343362.jpg

a0048918_9344994.jpg


塩が出にくかったが、味はバッチリ。
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-31 09:35 | 外食 | Comments(0)

芦屋サマーカーニバル2014


  夏祭りの屋台をひやかしに行ってきました。

a0048918_6214294.jpg


a0048918_622043.jpg


a0048918_6221518.jpg


a0048918_6223389.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-29 06:24 | スローライフ | Comments(0)

ロイホの黒X黒ハンバーグ


 妻とロイヤルホストでランチです。
「黒X黒ハンバーグ」とは、黒毛和牛と黒豚の合びき肉を
使っているということらしい。

a0048918_6161727.jpg

a0048918_6163332.jpg


デミソースが濃厚で、ライスがどんどんと進んだ。
ごちそうさま。
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-26 06:18 | 外食 | Comments(0)

西宮の寿司店で「小田巻き蒸し」

 西宮北口「はし本」さんで、にぎり寿司ランチ。
何でもないランチだが、特徴的なのは今では珍しい
小田巻き蒸し(茶碗蒸しにうどんが入っている)が付くこと。

a0048918_725113.jpg

a0048918_725165.jpg


茶碗蒸しがなるほど美味い。
多分、昔の人は”うどん”をかさ増しに使ったのだろう。
840円也
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-24 07:26 | 外食 | Comments(0)

「おか長」で刺身盛り合わせ


 なんばウォークにある「おか長」で昼酒です。
生ビールと刺身5種盛りを注文。

a0048918_1315249.jpg

a0048918_132816.jpg

ウニを鯛に載せてパクリ。
プチゼイタク気分。
〆て870円ほど
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-20 13:02 | | Comments(0)

ららぽーと甲子園で天一ラーメン


 時々無性に、天下一品のこってりラーメンが食べたくなる。
今回は、珍しくチャーハン付きのセットにしてみた。
ニラと唐辛子味噌を乗せて・・。

a0048918_19195556.jpg


やっぱり旨かった。
でも、紙コップの水を3杯飲んだ。
ふーっ、満腹。
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-17 19:21 | 外食 | Comments(0)

芦屋「三佳」で、うな丼ランチ


 暑くなると”うなぎ”が食べたくなる。
妻と近所の「三佳(みよし)」さんを訪問した。

私は「うなぎ丼定食」を、妻は小食なので
「うなぎ丼定食(ハーフ)」をそれぞれ注文。

a0048918_904996.jpg

a0048918_91986.jpg


思ったよりタレが濃厚だったが、久しぶりに
ゼイタクなランチになった。
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-15 09:02 | 外食 | Comments(0)

昼から飲める「焼きとり屋」を発見


 尼崎の中央商店街を歩いていて、この店を発見。
焼きとり「なごみ屋」さんは、テイクアウト主体の店だが、イートインも
できる。

とりあえず様子を見るために、焼きとり盛り合わせと瓶ビールを注文。
目の前の厨房でじっくりと焼いてくれた。

a0048918_955091.jpg


鶏もも、かわ、こころ、きも、ねぎまの5本はすべてタレ焼きだ。
七味を振っていただく。なかなか新鮮な肉でオイシイ。
これで450円也はコスパ良し。
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-12 09:56 | | Comments(0)

米團治師匠の「子はかすがい」


 久しぶりの動楽亭昼席です。
お目当ては正統派の”よね吉”と、最近どんどん上手くなっている米團治師匠
のお二人。

よね吉はマクラで、肥満になったと告白した。なるほど、顔も身体もふっくら
している。テレビ出演が減って、油断しているのではないだろうか・・?
演目は意外にも「皿屋敷」。
噺の組み立てはほとんど春團治師匠の皿屋敷をなぞっているが、アドリブは
彼本来の持ち味が出た。
只、怪談噺をする場合は、ダイエットをしてからの方が良い。(笑)


次に登場した塩鯛師匠は、逆に痩せていて”黒い河童”が出てきたのかと思
った。(失礼)  本当に、干からびた河童に見えた。
今回の「蛇含草」は、なかなかの出来栄えだった。熱々のもちを「はふはふ・・」
云いながら食べる表情がよかった。
師匠もどんどんと上達しているようだ。

さて、大トリ=米團治師匠の演目は、何と人情噺「子は鎹(かすがい)」。
江戸では「子別れ」、関西では「子はかすがい」の演題が使われる。
「腕はいいが、大酒飲みで遊び人の大工の熊五郎が・・」、江戸落語の人情噺
はどうしてこうも画一的パターンなんだろう?
  道楽者の職人が改心をして真面目に働き、女とよりを戻して一件落着。

いつもニコニコしている師匠の人情噺は、やや一本調子だが、目を閉じて聴い
ていると、じんわりと涙がにじんだ。


帰りに新世界の安居酒屋で、串カツとビールを。
締めて1,080円也だった。

a0048918_1918531.jpg

a0048918_1919811.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-09 19:20 | 落語 | Comments(0)

うっとり夢心地のハンバーグランチ


 こんなにとろけるような香り高いハンバーグは初めてだ。
ハンバーグとデミグラスソースの塩加減が絶妙。
今まで、ハンバーグ料理を見くびっていた。ゴメンナサイ。

a0048918_1044431.jpg

a0048918_10515.jpg


「キッチンはんおむ 芦屋店」
くれよんランチ  777円也
[PR]
by jimihen-2 | 2014-07-06 10:06 | 外食 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31