ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

明石のモダン焼き


つくし@兵庫県明石市

a0048918_912486.jpg


  豚モダン焼き    750円
  ビール中瓶     500円

 ※ランチにはささやかなサラダとデザートが付いていた。


 ”春の使者、イカナゴに沸く明石”へ行ってきました。
この日のランチは、迷わずお好み焼きの老舗「つくし」さん
を選択。

a0048918_9123648.jpg


モダン焼きはまるでオムそばのようにとろんとして柔らかく
実にウマイ。やはり明石のお好み焼きは私の好みだ。

a0048918_913153.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-31 09:15 | 外食 | Comments(0)

バースデー中華


 息子のバースデー会食を、三宮の中華料理店で。
ここは上品な広東料理を出してくれる。

前菜の盛り合わせ、ホタテとアスパラ炒め、海老の天ぷら、
鶏肉とカシューナッツ炒め、白魚の揚げもの、そして
海鮮焼きそば。

a0048918_8451152.jpg

a0048918_8452836.jpg

a0048918_845475.jpg

a0048918_846113.jpg

a0048918_8461698.jpg

a0048918_8463351.jpg


どれも、絶妙の味付けで満足したが、やはり最後にいただいた
あんかけ焼きそばがすこぶる良かった。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-26 08:50 | 外食 | Comments(6)

海鮮丼の駅前



海鮮丼の駅前@神戸・元町

 まぐろ鉄火丼(みそ汁付)  620円
 

この日は、珍しく食欲がなかったので、初めてこの店へ。
まぐろは平凡だが、すし飯が美味い。
すし飯じゃなく、白ご飯がベースかもしれないと、
期待せずに入店したので、満足した。

a0048918_8552560.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-24 08:57 | 外食 | Comments(0)

カレーと、焼きそばと、お好み焼きと


 外出した時は、好きなものを食べるようにしている。
だから、ついついこうなる‥。



上等カレー@大阪・梅田

 トンカツカレー+生卵  850円

a0048918_8335262.jpg


甘~い! 

以前食べた「得正」のカレー丼を思い出した。
それもそのはず、この店は「得正」の系列店だった。

「インデアンカレー」のマイルド版を指向していると
思われるが、甘過ぎてお子様仕様?

a0048918_83421100.jpg




長田本庄軒@神戸・三宮

 ぼっかけ焼きそば  500円

a0048918_835651.jpg


太麺がモチモチして悪くはないが、表面につやつや感が
ない。
辛さを4辛(5段階の内の4辛)にしたせいかもしれない。
コスパは良いと思う。

a0048918_8402840.jpg



千草@大阪・天満

 豚玉      700円
 ビール大瓶  650円

a0048918_8363630.jpg


客焼きの店だけど、すごくウマーーーイ!
生地とキャベツと豚肉のバランスが良い。

ソースを塗ろうとすると、お姉さんが走ってきて、
マヨと辛子を載せてくれた。
コスパはよくないが、味とサービスは最上級!

a0048918_8365814.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-20 08:44 | 外食 | Comments(0)

大阪城梅林と「カーネーション」


 大阪城梅林の梅の花が満開でした。
そして、NHK大阪放送局で糸子に会ってきましたよ。

 
[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-17 08:20 | 風景 | Comments(4)

ワンコインの天丼



 ワンコインで食べられる「天丼」は良い。
自宅で作ろうとすると、面倒な料理だが、素早く
ほどほどの味で楽しめる。

a0048918_14165929.jpg


大阪で、久しぶりに「丼丼亭」の”にぎわい天丼”
(500円也)をいただいた。
昔のように胡麻油でサクッと揚げた香りと食感は
なかったが、コスパは良い。 


a0048918_141722100.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-15 14:19 | 外食 | Comments(0)

天満のカレー屋


 スパイシーなカレーを食べたくて、天神橋筋商店街の
「カルダモン」を目指したが、生憎の休み。

仕方がないので、駅近くのこの店へ入った。
チキンステーキカレー(サラダ付き)が800円也。

a0048918_14302911.jpg

a0048918_1430493.jpg


うむ、思ったより特徴がない。
「インデアン」のカレーから激甘と激辛を抜いたような・・。

次回は「カルダモン」のカレーを是非!
[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-09 14:34 | 外食 | Comments(0)

鼻ずるずるの”よね吉師匠”


 久しぶりの動楽亭です。
今回のお目当ては雀三郎師匠と、よね吉師匠。

特に大トリを務めるよね吉師匠は以前の「子別れ」のように
江戸落語の大ネタをやってくれるのでは、と期待がふくらんだ。

千朝さんのほんわかした独自の”千朝ワールド”を楽しんだ後
は、中堅の九雀が江戸落語「文違い」を披露した。
本人がマクラでこの演目を選んだ理由に触れてから、噺に入った。

よく練習をしていてうまいと思う。
が、彼のキャラと江戸の廓噺はどこか合わないような・・。

中入り後、雀三郎師匠の「八五郎坊主」。
師匠の八の字眉毛と禿頭を見ているだけで、愉快な気分になる。

「ハシカも軽けりゃ、疱瘡も軽い」
「ハシカも軽けりゃ、ほうしゅん(法春)も軽い」
このフレーズが耳から離れない。



さてお待ちかね、よね吉師匠の登場だが、鼻風邪気味のようで
苦しそうだ。
手拭いで鼻を抑え、ときどき紙で鼻をかむ。
出しものは「天神山」であった。
大トリの責任感から、長い噺を苦しそうにこなした。

ヘンチキの源助が花見ならぬ、墓見に行ってしゃれこうべを
持ち帰る。
その夜、小糸の幽霊が現れ、源助は面白がって嫁にする。
隣家に住む胴乱の安兵衛もあやかろうと、骸骨を探しに行くの
だが・・。

鼻をずるずるいわせながら40分間ほどの高座をこなしたよね吉
師匠に大きな拍手がわいた。
次回は、ベストなコンディションで大ネタを聞きたいと思う。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-07 13:17 | 落語 | Comments(2)

平清盛のタルカス


年初に大河ドラマが始まってより、気にかかっていた。
テーマ曲のひとつにE.L&Pの「タルカス」のメロディーがあった。

調べてみると音楽を担当した吉松隆氏がフルオーケストラで演奏した
CDを既に出していた。
実におもしろい。
若き日の清盛たちの疾走感によくマッチしている。


 


ちなみに原曲はこちら。

 
[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-06 08:47 | テレビ | Comments(1)

王将の「天津チャーハン」


 一度チャレンジしたいと思っていたメニューがこれ。
チャーハンの上にとろとろ玉子が乗り、たっぷりのあんがかかっている。

a0048918_11101150.jpg

a0048918_11103351.jpg


うむ、そのまんま・・・か?
想定内の一皿。

a0048918_11105191.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-05 11:13 | 外食 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー