ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「鶏めし弁当」


 大阪へ出たついでに阪神デパートの催事場へ寄る。
全国の駅弁260種類が一堂に会した「駅弁大会」が開催され
ていた。

目移りしてしまう。
海鮮寿司系、甘辛肉系、わっぱめし系などどれも美味しそうだ。

その中で選んだのがコレ。
 「秋田比内地鶏 こだわり鶏めし」 950円也

決め手は「比内地鶏100%」という強烈コピーだった。


a0048918_8362330.jpg


うむ、なかなかウマイ。いぶりがっこも良い。
けど、平凡な感じもする・・。
[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-28 08:39 | テイクアウト | Comments(0)

映画「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」

 

a0048918_12365297.jpg


 また、泣かされた。

 今作のテーマは最初「巣立ち、旅立ち」だと思ったが、それより
「バトンタッチ、受け継がれるもの」という方が当たっているのかもしれ
ない。

特に茶川の父のエピソードが泣かせた。
勘当同然に突き放された父親が亡くなり、伯母さんから本当の父の気持ち
を聞く。
「何をやってるんだ、しっかりしろ」と口では嘆くけれども、子の生き方
をいつも気にかけ、最後まで応援し続けてくれるのは親だけだ。

a0048918_1238273.jpg


そして、六子が恋をし、男性を連れて来た時、鈴木オートは言う。
「この子を幸せにしなかったら、殺すぞ!」
こんなにも乱暴で、愛情に満ちた言葉があるだろうか。

茶川は淳之介の将来に悩む。
東大に入り、一流企業に入社すれば、一応の幸福は得られるかもしれない。
しかし、小説を書きたいという夢を犠牲にすることになる。

彼はある決断をするのだが、それは亡き父とのエピソードがあったからこそ
実現する。
親から子へ、そしてまたその子供へ思いは受け継がれていく。

a0048918_12382973.jpg


こんなにもハートフルなストーリーを書いた山崎監督に敬意を表したい。

観客は皆、それぞれ自らの青春を投影させて観ていた。
そして、幸せな気持ちで映画館を後にしただろう。
「幸せって何だろう?」ということを考えながら、一緒に観に来た人を
労りながら家路に着いただろう。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-26 12:41 | 映画 | Comments(0)

「スイセン」と「カーネーション」


 ホームセンターで買ってきた水仙が数日で、花を咲かせた。
可愛い花を見ていると、ほんとうに心がなごむ。

a0048918_14225076.jpg



毎日、楽しみに観ていた朝の連続ドラマ「カーネーション」の
雲行きがあやしくなってきた。

主人公の女傑”糸子”が恋をする。相手は、妻子のある男。
ドラマのモデルになった小篠のお母ちゃんにも、どうやら
そんなエピソードがあったとか・・。


ヒロインの(仕事上の)快進撃を見るのが好きな私としては
ちょっと複雑な心境だ。
[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-22 14:26 | テレビ | Comments(0)

ミンミンのタンメン


 TVのラーメン特集を見ていたら、無性にこれが食べたくなって
三宮の路地裏にある店へ立ち寄った。
それは庶民中華店「ミンミン」のタンメン。

神戸にラーメン専門店が少ないのは、本物の味を提供する中華料理店
が無数に存在するからだ。

a0048918_7524471.jpg


この日は焼き餃子とタンメンというシンプルなランチ・メニューに
した。
ああ、美味い!!

a0048918_7531174.jpg


塩分濃度が絶妙な鶏スープに、適度な腰がある麺とシャキシャキ食感
の白菜・もやし。ときどき、生姜の風味が鼻に抜ける。
料理のシメとして、学生の頃から食べてきた。

マイフェイバリット・ラーメン!

[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-19 07:55 | 外食 | Comments(0)

総本家 更級

 通天閣の近くにあるレトロな蕎麦屋「総本家 更級」でランチ。
定食がないということで、肉そば(ご飯付き)をいただいた。
粉山椒の香りが立つ。

a0048918_9381990.jpg


醤油味のつゆではない。これは塩味のつゆのようだ。
実におもしろい!
適度な腰を持った麺とごはんも良かった。
[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-12 09:41 | 外食 | Comments(0)

「カーネーション」と「平清盛」


 NHK連続ドラマ「カーネーション」と大河ドラマ「平清盛」。

 女性脚本家、渡辺あやさんと藤本有紀さんががっぷり正面から
激突すると思われたが、今のところ渡辺さんのワンサイドゲーム
のようです。

a0048918_185503.jpg


映画「ジョゼと虎と魚たち」脚本の渡辺さん。
豊かな感性で、女の子と女性と”をんな”を描き分ける。
笑いと涙。軽妙と抒情。
すばらしいの一言である。
視聴者の絶賛がちょっとコワイ。ますますハードルが高くなる。



a0048918_18552650.jpg


一方、「ちりとてちん」脚本の藤本さん。
人間味のある新しい清盛像を描こうと云う意気込みは見えるが、
(今のところ)ほんとうに凡庸だ。
第一に、ナレーションを頼朝にしたのはミスチョイスでは・・。
勝者が敗者の人生を語るなんてオカシイ。
おまけに若い(線の細い)頼朝が・・。

養父役の中井と、白河法皇の伊東の演技が際立っていたが、早く
建て直さないと、視聴者が離れていく。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-10 18:58 | テレビ | Comments(0)

生田神社へ初詣


a0048918_14205527.jpg


 2012年の初詣は三宮の生田神社へ行きました。
相変わらずの人出です。
賽銭を投げ入れ、家族の健康を祈願しました。

a0048918_14201354.jpg


a0048918_14203739.jpg


とある場所でビールと串カツで仕上げです。
神戸の串カツソースは濃厚で塩味が強すぎる・・。
大阪の”二度禁串カツ”のソースの方が断然うまい。

a0048918_14211266.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-03 14:23 | スローライフ | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31