ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」


  
a0048918_15512740.jpg


 映画開始直後から異星人による地球侵攻が始まり、これを迎え撃つ
アメリカ海兵隊と彼らとの戦闘が最後まで延々と続く。

恐るべき一本調子のハイテンション戦争映画である。まるでパソコン
の戦争ゲームでもやっているような錯覚に捉われる。

映画としては間違いなくB級作品であったが、「今の米国民の気分」を
見せてくれる興味深い一本であった。



 その気分を読み解くキーワードは、「本土決戦」「植民地」「自爆」
などだろうか?

この映画では地球が侵略されたことになっているが、彼ら米国民にとって
は、開国以来初めて米国本土が侵略された驚きと恐怖を描いている。

スピルバーグは「E.T.」「未知との遭遇」によって、それまでの敵対
する異星人から真逆の友好的な異星人像を提示した。
それは米ソ冷戦の雪解け、ベルリンの壁崩壊などによる全世界的な平和
志向を反映したものだった。

しかし、自らメガホンを取った「宇宙戦争」(2005年)では再度、
地球を侵攻する異星人に戻した。
9.11同時多発テロ以降、不可解な敵に対して異常なまでの警戒心を
抱くように変貌した。
「インデペンデンスデー」や、今年公開された「スカイライン-征服-」
でも情け容赦なく地球人を攻撃するエイリアンが描かれている。


   
a0048918_1552791.jpg


前置きが長くなったが、今回の映画である。
米国本土が攻撃される中、勇敢な海兵隊が決死の防戦によって国を守る。
つまりは、アメリカ本土をテロ攻撃から守っているとしか見えない。
これが、最初のキーワード「本土決戦」の意味である。

次の「植民地」は、映画の登場人物が開始直後にポツリと言った言葉。
”やつらは地球を植民地にするつもりでやってきた”

第二次大戦後の覇者となったアメリカはその力を誇示し、アジア・アフリカ
を始めとして、世界に新秩序を作ろうとしたが、中東・イスラエルで
失敗し、多くの人びとを敵に回した。
そして狂信的なイスラム原理主義者がニューヨークを攻撃した(と彼らは
言っている)。
疑心暗鬼になった彼らは、恐怖に慄(おのの)いている。


そして、最後のキーワード「自爆」である。
この映画でも米国人兵士のひとりが敵の圧倒的な攻撃にさらされ、英雄的
な自爆をするシーンがあった。


映画評論家、前田有一氏は以前、或る映画評で、こんなことを書いていた。

『最後にひとつ見どころとしては、この手の映画のおなじみ、特攻シーン。
一見自信満々なアメリカ人にも、特攻についてだけは拭い難い民族的トラ
ウマがあるため、彼らはハリウッド映画のクライマックスでしょっちゅう
そうした(日本人に対する)コンプレックスをぶちまけている。
だが本作のそれは、それを素直に自覚し敬意を払っている点がユニークで
ある。』
 


  
a0048918_15523443.jpg


「エイリアン2」では、エイリアンに囲まれ、脱出不可能と覚悟したダメ
上官が部下の女兵士と共にカッコよく自爆し、「インデペンデンスデー」
では役立たずの酔っぱらい爺さんが宇宙人の母船に体当たりをする。
米国民は「死ぬことを恐れない」武士道ニッポンの特攻隊や、殉教のため
に自爆をするイスラム原理主義者たちに対して、畏怖の念を持つようにな
った。つまり、理解不能な驚愕と憧憬の念である。
だから映画の中で、彼らは次々に特攻隊に志願する。


この映画を見ながら、(眠気をこらえて)こんなことをずっと考えていた。
そうでもしなければ、入場料の元を取れない。

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-28 15:57 | 映画 | Comments(0)

「チキンナゲット」と「チキンカツカレー」


 このところずっと、マクドのチキン・メニューにハマっている。
「ジューシーチキン」とレモン風味の「アイコンチキン」は、
安くて旨いお気に入りのメニューだ。
そして、最近では「チキンナゲット(マスタード)」まで、
注文サイクルに加わった。
私の中で突如として復活した。

  
a0048918_10535079.jpg


後日、ココイチの定番「チキンカツカレー」を食べた。
カツがカリッと揚がって文句なしにうまかったが、あることに気が
ついた。
「このチキンカツは鶏ミンチのカツやなあ!」

つまり、(多分)細かく挽いたチキンに味をつけて、整形したチキン
カツだと気が付いた。
「そうか、チキンナゲットは鶏ミンチのカリット揚げで、この店の
チキンカツは鶏ミンチカツだった。だから、両方好きなんだ。」

   
a0048918_10543733.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-28 10:56 | 外食 | Comments(0)

映画「フライトプラン」

a0048918_8404290.jpg


 地上波のテレビで見る映画で、久しぶりに興奮してしまった。
実に面白かった。

前半は、犯人像がまったく判らずに、不安なトーンで進行するが、
1時間を過ぎるころに一転する。
航空保安官が自ら、犯行をぺらぺらと語り始める。
これには少し興醒めしたが、後半のアクション・シーンがそれを
補った。

まるで、エイリアン・シリーズのシガニー・ウィーバーだ。
子供を守るために”闘う女”に変身する。
そういえば、シガニーと今回の主役ジョディ・フォスターの顔立ちは
よく似ている。強い意志をもった不屈の女の顔である。


a0048918_8412482.jpg


「誰も信じてくれない」不安。
そして、「誰も信じられない」恐怖へ。

めげそうになる。
屈しそうになるが、女は闘う。
そして、勝利したときに見知らぬ他人は言う。
「そういえば子供が居たかもしれない・・」


他人への無関心。
誰を信じてよいのか分からない・・。
その”恐怖”を描いた異色作であった。

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-26 08:47 | 映画 | Comments(0)

映画「サンクタム」

 私の部屋のコルクボードに、映画「サンクタム」の宣伝用チラシ
がまだ張ってある。

   ”世界には、まだ人間が行ってはならない場所がある。
    そこは、聖域  サンクタム”


4月22日ロードショーと書かれているが、東日本大震災が発生し、
公開が5ヶ月延期された。


a0048918_8105352.jpg


この映画は「ジェームス・キャメロン最新作」となっている。
しかし、監督は彼自身ではなく、彼は”製作総指揮”とクレジットされている。

だからという訳ではないが、この作品はハッキリ云って・・・
期待外れだった。








真っ暗な洞窟が舞台である。
そこに閉じ込められた男女5人。果たして、どう脱出するのか?
息苦しい冒険パニック劇。
そこに美しい友情や、映画「アビス」のような息を飲む光景が
現れるのか?

  
a0048918_8113019.jpg


スピルバーグが永遠のムービー・マニア少年であれば、J.キャメロン
は映画作りの天才である。
「ターミネーター」「エイリアン2」「タイタニック」で、ファンの
度肝を抜き、3Dの実写映画「アバター」を成功させた。
そして、次に選んだのが「サンクタム」だった筈だが‥。


大自然の脅威を描いている映画なのに、”舞台劇”を見ているような
錯覚に捉われた。それだけ映像の変化に乏しい。
狭い洞窟のシーンは、ことごとく撮影所のセットで撮影されたようだ。

メンバーが一人脱落し、また一人死んでいく。
最後に父と子の和解はあったものの、感動は・・・ない。



スピルバーグもキャメロンも、プロデューサーの立場で若い監督を
育てようという意図らしいが、映画ファンのイライラはつのるばかりだ。
[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-22 08:17 | 映画 | Comments(0)

やればできる ~映画「人生、ここにあり!」


 イタリア映画「人生、ここにあり!」の原題は、「やればできる」
という意味らしい。なるほど、この映画の内容にピッタリと合っている。


  イタリアのミラノ。組合が組織され、元精神病患者の受け入れ先
  である施設に、組合員ネッロが左遷されてくる。彼には病に対す
  る知識はないが、解放された者たちの人格を認め、彼らの特性で
  ある根気や細部へのこだわりを活かした寄せ木細工の事業を立ち
  上げる。



シリアスなストーリーではあるが、イタリア人特有のテンションの高い
会話が続き、ユーモアもたっぷりと見せてくれる。
封筒に切手を貼る単純作業から、床に板を張っていく作業を選択した彼ら。
あるとき、材料の到着が遅れ、窮余の策として残った廃材を組み合わせて
モザイク模様の床を造ってしまう。
これが、意外にも依頼者から評価を受け、組合員たちは自信を持つ。

  
a0048918_9253523.jpg


恋の話もたっぷりと見せる。
投薬量を減らすことによって、彼らは異性にも関心を寄せるようになる。
ジージョは仕事先で可愛い女の子に恋をする。ぎこちない愛の表現が
それでも相手に伝わり、キスを交わす。
観客も一緒に甘い幸福に酔う。

しかし、すべてがうまく行くわけではない。
発病の不安にさいなまれた彼は、間もなく施設で首を吊る。



アンジェリーナ・ジョリーの「17歳のカルテ」を思い浮かべた。
誰だって苦しい。どこまでが正常であるのか、分からない。
却って、精神障害者は誰よりも正直に生きる人たちかもしれない。

「17歳のカルテ」も今回の作品も実話がベースになっている。
それだけに、ずっしりと胸に迫って来るものがある。

エンドロールで、「この施設の成功により、以後多くの協同組合が組織
され・・」
山田洋次監督の「学校1」や「学校2」の余韻を思い出した。

   
a0048918_9261873.jpg



社会的弱者の就労と自立というテーマを温かいまなざしで描くところは、
まさに山田洋次作品そのものだが、今回の作品が優れているのは、やはり
ラテン系の明るさで描ききったところだろう。

「やれば、できる! やらないと、はじまらない」




    
[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-17 09:29 | 映画 | Comments(0)

「グリーンカレー」を食べ比べ 第2弾

a0048918_1248280.jpg


 前回の下記2品に引き続き、レトルトの「グリーンカレー」2種を
買ってきて、食べ比べをした。

  1.「タイの台所 タイで食べたタイカレーグリーン」
  2.無印良品のレトルト「グリーンカレー」


【今回の試食分】
  3.ヤマモリ タイカレー・グリーン (写真右)
  4.S&B タイ風グリーンカレー (写真左)



 ヤマモリ(株)が販売しているものは、タイで現地生産されたもので、
プリッキーヌ・こぶみかんの葉以外にチキンや小さな茄子が入っていた。
前回食べたマイルドな「タイの台所」と激辛の「無印良品」の丁度中間
に位置する感じ。 文句なしのおいしさだった。

国産の普及品としてエスビーのものを近くのスーパーで見つけて、食べて
みた。一言で言えば、「初心者向き」と言えそうだ。日本風にアレンジ
されているような雰囲気。


計4種類を食べ比べて見て、(自分の備忘録として)評価を記して
おきたい。(あくまでも個人的な好みですので、御了解ください。)


   ★★★  ヤマモリ タイカレー・グリーン
         ・・・一口食べた瞬間から感動が全身を駆け巡った。
            文句なしの味だが、その分お値段が高い。

   ★★   タイの台所 タイカレー・グリーン
         ・・・平均点が取れるおいしさだが、ややマイルド
            過ぎて物足りない。

   ★★   無印良品・グリーンカレー
         ・・・辛さを際立たせ過ぎだろう。激辛マニア向き。

       S&B タイ風グリーンカレー
         ・・・子供でも食べられる入門篇のような味。
            その分、一番安価だった。




         ※(エスビーのグリーンカレー)
a0048918_12472522.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-15 12:56 | インスタント | Comments(0)

夜と朝のあいだに


 親父の3回忌に兄貴と久しぶりに会った。
元気な兄もさすがに高齢なので仕事は控え、ゴルフ三昧の生活に
移ったらしい。

驚いたことが二つ。
一つは、ゴルフのハンディキャップが「6」になった、ということ。
週に2回コースを回っているんだから、うまくて当然だと思うが、
年齢が年齢だけに立派というしかない。

コースに出ない日はどうしてるの? と訊くと、ユーチューブで
米国流のゴルフレッスンを見て、ヒントをつかんだらすぐに
練習場に行って試すとのこと。
昔から近所の伝説になるほど練習熱心な兄だった。
なにごとも「スキが大切!」を改めて見た気がした。
  

a0048918_10203797.jpg



もうひとつは、地上波のテレビは見なくなったとのこと。
私の悩みは「あげ足取りばかりの新聞と、知能程度の低い民放
テレビだ」と云ったら、兄はCS専門チャンネルしか見ていないと
言った。
彼は商社や出版社に勤め、テレビ局や広告代理店と付き合って
いたので実情を知っているだけあって、業界への批判は私以上に
シンラツだった。

テレビを見て嘆く私は、まだまだ「ミレン」があるのだ。
見なくなって初めて「平穏な生活」が送れるのかもしれない。


  
a0048918_10211383.jpg



早朝に目を覚まして窓から外をのぞくと、東の空に朝焼けが見えた。
「夜と朝のあいだにひとりの私」
亡くなった父のこと、足腰が弱くなった母のこと、ゴルフ好きの兄
のこと、そして成熟し、疲れが目立ってきた”日本”のことなどを
しばらく考えた‥‥。



  
a0048918_1022020.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-11 10:27 | 風景 | Comments(0)

どじょうと金魚


 ちょっと地味で泥くさいが、実直で気配りができそうな
「野田どじょう内閣」がスタートした。

民主党代表選での野田氏の演説を聞いて、分かりやすく喋る
人だな、との印象を受けた。

「政治というのは坂道で、重い雪だるまを下から転がして
いくようなもの」
「自分は泥くさいどじょうだから、金魚にはなれないけれど
全身全霊を傾けて政治を前進させる」

比喩が巧みな人である。
長い間の街頭演説で、歩行者を立ち止まらせる「話す技術」
「説得する心得」を磨いてきたことが読みとれた。


民主党代表になったとき、こう言った。
「ノーサイドにしましょう。もう。」

   
a0048918_1165160.jpg



今回の組閣で、いわゆる重量級の閣僚が少ないことに懸念の
声が聞かれるが、却って良い結果が出るかもしれない。

俺が、俺がというスタンドプレー好きな人より、真面目に
周囲の意見を聞きながら仕事を進める方が良い。



団塊世代の論客、内田樹先生はこう言ったものだ。
『日本の政治過程は成熟期にあり、誰が総理大臣になっても、
それほど違いが出ないようにシステムが作り込まれている。』

かなりアイロニーに満ちた意見であるが、政治や社会が成熟
すると、国民は熱くならない。冷めている。
だから、批判ばかりして自分では行動しない政治家やマスコミ
がはびこる。


「どじょう内閣」は若い。
本格的な世代交代が実現するように、がむしゃらに熱くなって
重い雪だるまを峠の上まで持ち上げてほしい。
きっとそこには”うろこ雲”が金魚色に輝いているだろう。

[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-03 11:09 | etc | Comments(0)

おにぎり定食


 三宮で所用を済ませ、昼食に「生そば 丸亀」
を訪れた。

あるグルメブロガー氏のエントリーで気になっていた
「そば定食」650円也を注文。

  
a0048918_11125720.jpg


そば出汁の上品な甘さがgood。
おにぎりも美味しかった。

それにしても、蕎麦メインの店なのに何で「丸亀」?
[PR]
by jimihen-2 | 2011-09-01 11:14 | 外食 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30