ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画「シャンハイ」 ~タナカ大佐の男気と苦悩


 あまり期待をせず、米中合作映画「シャンハイ」を
観たのだが、意外に”ひろいもの”の作品だった。
言ってみれば、「戦争ラブサスペンス映画」か?


1941年、日米開戦前夜の上海が舞台だ。
「日独極悪?同盟」と「抗日レジスタンス」の闘いに加えて
その戦況を見守る米英人、といった構図か?

ストーリーの軸は、米国諜報部員の男と、上海の裏社会を
牛耳るボスの妻との不倫愛だが、そんなことはどうでもよい。
日本軍の冷酷非道な殺戮と、タナカ大佐の生きざまに
釘づけになる。

a0048918_9193512.jpg


日本軍は泥沼の戦争にのめり込んで、展望を見失った。
前線基地の指揮官タナカも苦悩の内にもがき苦しむ。
そして、日本軍にすり寄って甘い汁を吸うボスの妻は、
父を日本軍に殺された女だった。
彼女は抗日レジスタンスとして、テロを指揮する。

米国諜報部員のひ弱さが際立つ。
彼の任務は日独伊の動向を探ることであり、友人を殺害した
真犯人を突きとめることにあるのだが、妖艶な中国美人の
色香に惑う。

a0048918_920339.jpg


この映画の見方は様々である。
米国人は、開戦前夜の各国のかけひきと行動に注目するであろうし、
中国人は、ただひたすらに蹂躙される祖国への絶望と、日本軍への
憎しみを感じるだろう。
そして、私たち日本人は追いつめられた日本武士道の非情さに
戦慄し、大いなる悔恨に打ちひしがれる。

だが、救いは、怜悧なタカナ大佐を演じた渡辺謙の男気であった。


 戦争に正義も不正義もない。


誤解を招く表現かもしれないが、そう思うのだ。
民族間の対立は、法も秩序も人権さえ抹殺してしまう極限的な
状況をもたらす。
キレイごとでは語れない。(だからこそ憎むべきなのだ)


「シャンハイ」はエンターテイメント映画ではあるが、「人間」
というものの残虐性と切なさを考えさせる興味深い映画であった。

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-25 09:24 | 映画 | Comments(2)

「王将」の焼きそばが好きになった


 中華焼きそばは、「ミンミンの焼きそばが一番」と決めていたが、
「餃子の王将」もなかなかやるもんだ、と思うようになった。

特にこれといった特徴はないのだが、その何でもない当たり前の
味が好ましい。
オイスターソース系ではなく、シンプルな醤油系の味付けである。
多分、塩・胡椒・醤油・酒・味の素に加えて隠し味に「砂糖」を
加えているのではないだろうか?

以前は中細麺だったが、この日は太い麺に変わっていた。
世の中のトレンドに合わせたのだろうが、これも良かった。

しばらくは、この店の「焼きそばとビール」の組み合わせが多く
なりそうだ。
   
a0048918_8185628.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-24 08:21 | 外食 | Comments(0)

上方落語の新しい風


 常打ち小屋が少ない、噺家一門間の交流がない、マスコミで取り上げ
られる機会が少ないといった逆風をかかえてきた「上方落語」であるが、
ここにきて新しい風が吹き始めたようだ。


今年のGWに「上方落語まつり IN ミナミ」があり、噺家一門、芸能
プロダクションの枠を取っ払った新しい試みが実現した。
その流れは着実に前進している。


今回「動楽亭」へ「吉弥」「梅團治」「松喬」を聴きに出かけた。
そもそも「動楽亭」は、桂ざこばが造った小屋であり、米朝一門だけが
出演する専用ミニ寄席であった。
しかし、今回「夏休みスペシャル公演」と銘打って他の事務所の噺家が
数多く出演した。

当日トリを務めた松喬師匠の噺のまくらはこうだった。

 「ここへははじめて寄せてもらいました。
 場所がわからんでねえ。コンビニの近くや聞いてたんですけど、
 コンビニの2階にあるとはねえ。
 それに楽屋の入り口もわからへん‥。」
 
それから延々と”新世界花月劇場”へ出演していた若き日の思い出話
 を語り、今日はまくらだけで終わりかなと思ったらそれから「壺算」
 にするりと入った。


  
a0048918_9564210.jpg



この日はお盆休みとあって、大変な大入りになった。
いつもは40人ほどの入場者のところ、100人を超す観客が集まった。
小屋のスタッフは補助イスを出すのに大わらわ。
満席の場内は大いに盛り上がった。


 桂そうば  「うなぎや」
 桂しん吉  「若旦那とワイラトエキスプレス」(創作)
 桂吉弥   「書割盗人」
 桂梅團治  「切符」(創作)

 桂春蝶   「山内一豊と千代」
 笑福亭松喬 「壺算」



しん吉と梅團治は一門間の壁を超えた”鉄ちゃん仲間”で、お互いに
鉄道マニアの創作落語でバトルをくり広げた。



かつて、大阪で落語を聴こうと思えば「独演会」や「一門会」を探して、
高い入場料を払い、見るしかなかった。
しかし、落語定席「天満天神繁昌亭」が誕生して以降、上方落語を再興
させようという気運が盛り上がってきた。
その流れは着実に「新しい風」となって吹き始めている。


”ちりとてちんの草若師匠”も草葉の陰でよろこんでいるだろう。

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-17 09:59 | 落語 | Comments(0)

「グリーンカレー」を食べ比べ


  
a0048918_8443667.jpg


 レトルトの「グリーンカレー」を2種買ってきて、食べ比べをした。

1.「タイの台所 タイで食べたタイカレーグリーン」
2.無印良品のレトルト「グリーンカレー」



「タイの台所」の方は、ややマイルド過ぎるかなと思いつつ、ぺろりと完食した。
タイで製造したもので、尖ったところのない王道の味だ。流石にうまい!

一方、無印の方はマニア向きか? 超激辛なので、辛さに参ってしまう。
こぶみかんの葉と共にプリッキーヌまでホウル状態で入っていた。う~ん。

辛さ・甘さは個人の好みが分かれるが、そのバランスが大切だと思う。
両者を足して2で割れば、いいのかも・・。




  ※無印良品のグリーンカレーに、焼いた夏野菜と
   ハーブチキンをトッピングした。
  
a0048918_8455119.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-15 08:50 | 自炊 | Comments(0)

かけがえのない生命


こんなCMがあるのか、と驚いた。

タイ生命保険のCMだとか。

訴えていることはとてもシンプルだ。


   子を思う親の気持ち

   誰もが苦しいハンディキャップを抱えている

   そして、かけがえのない生命



  


「私は生まれつき耳が不自由で話すこともできない。
本当に、ごめんね。
ほかのお父さんたちのように、話すことができない。
でも、わかってほしい。お前の事を心の底から愛している」

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-13 16:46 | テレビ | Comments(0)

炎天下の高校野球観戦


 猛暑の中を、高校野球を観に出かけた。

どこのチームを応援するということもないので、
取りあえず(一度は行ってみたいと憧れている)秋田県の
チーム側のアルプス席に座る。


a0048918_12432584.jpg


a0048918_12434765.jpg



面白い試合だった。
点を取ったら取り返すという攻防戦で、結局秋田”能代商”
が勝利した。
高校生はもちろんのこと、県出身のお年寄りたちも歓声を
上げた。


a0048918_12441674.jpg



やはり高校野球は良い。

一途なところが良い。
炎天下でやるところが良い。
多くの観衆が見守るところが良い。

青春を思い出させるところが良い。




            ※高砂名物の「にくてん」も、おいしかったです。  
a0048918_12454376.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-10 12:53 | スポーツ | Comments(0)

「けがれなき酒のへど」



 料理を作りながらラジオを聞いていると、芥川賞作家=西村賢太氏
がゲスト出演していた。
穏やかな口調ではあるが、底知れぬ暗部を抱えている人に思えた。
そして意外にも”稲垣潤一”の曲をリクエストした。
(後で分かったことだが、同棲していた女が聴いていた曲らしい)


受賞前の旧作をアマゾンに注文して、読むことにした。
「けがれなき酒のへど」「暗渠の宿」「墓前生活」「どうで死ぬ身の一
踊り」「一夜」といった中編と短編である。

途中、何度も本を閉じようと思った。
そのいわゆる私小説は、私にとって不愉快以外のなにものでもなかった。



本の裏表紙にはこうある。
「貧困に喘ぎ、暴言をまき散らし、女性のぬくもりを求め街を彷徨えば
手酷く裏切られる。屈辱にまみれた小心を、酒の力で奮い立たせても、
またやり場のない怒りに身を焼かれるばかり。
路上に果てた大正期の小説家・藤澤清造に熱烈に傾倒し、破滅のふちで
喘ぐ男の内側を、異様な迫力で描く劇薬のような私小説‥(後略)」


More
[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-04 12:34 | | Comments(2)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー