ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちりとてちん

今朝のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」は、ちょっと
胸キュンだった。
おっちょこちょいのヒロインB子が想いを寄せている若手落語家の
草々が、友達のA子に一目ぼれをしてしまう。
草々がB子に聞く。「A子はオレのこと、何か言ってなかったか?」
すると「最初は大きくて、短気で、恐そうやったけど、
本当はやさしくて、ええとこがある・・・」と自分の想いを言ってしまう。

それを聞いた草々は有頂天になるが、B子は落ち込む。
一部始終を見ていた師匠の草若がB子に言う。
 「お前はほんまに アホやな」

このドラマから、しばらく目が離せない。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-30 19:57 | テレビ | Comments(4)

もっと素敵な雰囲気を・・・

今晩は、三宮のイタリアンで、私のバースデー会食でした。

料理はかなり美味しかったのですが、店の雰囲気が余りよろしくない。
飲食店の評価ポイントは、
1.美味しさ
2.雰囲気
3.コストパフォーマンス
だと思うが、2と3が欠けていた。

前菜はアンティパストの盛り合わせ、
どれもなかなかの工夫をしている。

a0048918_22391923.jpg


次はプリモピアット、私はベーコンと木の子の自家製パスタ(ピンチ?)
太麺が喜多方ラーメンのようで、おいしい。

a0048918_22395392.jpg


セコンドピアットは子羊のロースト、ラタトュイユ添え。
これは文句なしに美味しかった。サティスファクション!

a0048918_2240422.jpg


ドルチェはティラミスにした。カプチーノもgoodでした。

a0048918_2244421.jpg


因みに、店名は「シーガシーガ」です。
興味のある方は、どうぞ・・・。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-28 22:45 | 外食 | Comments(2)

夜。新宿

久々の東京宿泊出張です。
夜の新宿を歩いた。

名古屋めし=手羽先の「世界のやまちゃん」を発見。
東京には何でもある!
早速、入店する。
味は想定内。胡椒がかなり強いが、確かにうまい。
5本で380円と、コスパも良い。

a0048918_2333295.jpg


次に歌舞伎町の「神座」を訪問。
別に東京まで出かけて、大阪ラーメンを食べることは
ないのだが、
東京の人がどんな風に食べているのかを確かめたかった。
味の方はちょっと、ザンネン。
道頓堀店より少し、落ちる。
もう少し頑張って作ってほしい。

a0048918_23344411.jpg



そして、2日目には昔よく食べた立ち食い蕎麦の
春菊天そば」をいただいた。
こちらの方は油分が多いのと、春菊の香りが少なく、
またまたザンネン・・・
でも、楽しい東京出張だった。

a0048918_23354528.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-19 23:40 | 旅行 | Comments(4)

新オーダー?

クライマックスシリーズのタイガースの余りの不甲斐なさに、
・・・・もう来期のことなどを考えた。

◆まず、本格的に若返りの年にする。
 金本、下柳、矢野は控えに回るか、引退してもらう。
 そして、打撃陣をトレードで大幅に補強する。
 だって、今のニュー・タイガースを作ったのは広島の
 金本選手だもんね。

◆JFKの解体
 後(うしろ)だけが強いという、こんなビジネスモデルが
 いつまでも通用するワケがない。
 先発が6~7回まで頑張って、押さえが2~3回キッチリと
 抑える形を作り上げる。

◆来期の新オーダー
1番  赤星(センター)
2番  藤本(セカンド)  ⇒ いずれは高浜(新人)
3番  桜井(ライト)    ※林と併用
4番  新井(ファースト) ※広島からFAで獲得
5番  外人の大砲(レフト)
6番  今岡(サード)
7番  鳥谷(ショート)
8番  狩野(キャッチャー)
9番  安藤(ピッチャー)

先発投手  安藤、久保田、上園、杉山
        福原、能見、外人


おまけとして、コーチに一枝、佐々木恭介のような一言居士を
入れるべき。岡田はんだけでは頼りない。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-16 20:05 | スポーツ | Comments(0)

善き人のためのソナタ

この映画は東ドイツの暗い過去を暴く問題作のはずだが、
ベルリンの壁が崩壊して18年も経った今となっては
そんな緊迫感はない。
単なる歴史物語として観客はストーリーをたどるだけだ。

組織の中で生き残ろうとすれば、上司の尻でもなめる。
そんなヤツが認められて出世する。
保安警察の主人公は、反体制の劇作家の生活を盗聴することに
なるが、作家の言動を知るにつけ自らの愚かさを悟ってしまう。
そこに、この男の悲劇があった。
自らのこころを欺いて、本心を誰にも打ち明けられない世界は
やはり異常だ。

       
a0048918_1921312.jpg


今の日本はほんとうに情けない国になっている。
官僚や役人の腐敗と脱力。一方で法律を守らないものを
寄ってたかってバッシングする「みんなで叩けば怖くない」
総いじめ社会。
テレビをつければ、毎日だれかが頭を下げている。

それでも、当時の東ドイツよりはマシだ。
自由に発言できる現状に感謝すべきなのだ。
ほんとうのことが言えなくなる世界、
何がほんとうなのか分からなくなる世界。
それは、いつ身近にやってくるかわからない。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-07 19:06 | 映画 | Comments(0)

秋だなあ・・・

a0048918_22483941.jpg


やっと秋の気配が漂ってきました。
朝は寒いくらいで、
夏ふとんでは風邪をひきそう。

日中に空を見上げたら、うろこ雲が・・・
こんな季節が長く続いてほしい。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-10-01 22:52 | スローライフ | Comments(2)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31