ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

青冥のあんかけ焼きそば

ときどき青冥の焼きそばが食べたくなる。
いつもは五目あんかけ焼きそばを注文するが、
この日は「シーフード焼きそば」にした。

海鮮と野菜の上品なハーモニー、味はしっかり
していながら、全くくどくない。絶妙!

a0048918_2316733.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-30 23:17 | 外食 | Comments(2)

人気がありすぎるのも・・・

GWに入ったということで、家族を誘ってNGK(なんばグランド花月)へ出かけた。
実に久しぶりの訪問だが、お笑いブームの最中とあって2階席になった。
手に入りにくい甲子園のチケットと同様、人気がありすぎるのも困ったものだ。

中川家は礼二が風邪を引いていて、テンションが上がらない。
B&Bは洋七の早口が聞き取りにくい。舞台では少しゆっくりとしゃべる芸人
の方が良い。ベテランの域に入ったティーアップは前田がいい味を出していた。
そして月亭八方は相変わらず、大阪のおばちゃんネタで客席を沸かせる。
内容は30年前とまったく変わらないが、これが芸というものだろう。
トリの阪神・巨人もそつなくこなして、後半は楽しみな「吉本新喜劇」である。

a0048918_19131230.jpg

ペリカン辻本が座長を勤めるいつもながらの”笑いと涙の人情喜劇”。
辻本は主役といえば、主役なのだが真面目な場を茶化すことに徹する
狂言回しである。この役回りがすごくユニークで面白い。
大笑いしている内に1時間があっという間に過ぎた。
吉本新喜劇は大阪が誇る「伝統芸能」だ。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-30 19:21 | etc | Comments(2)

ヒア カム ザ サン‥

FMのヘビーローテーションでかかっている山田タマルの曲はいいねえ。
思わず顔がほころんでしまうのは、昔なつかしいレトロなリズムとフレーズが
あるからだろう。ラップ全盛の時代ではあるが、やっぱり60~70年代風の
音楽は心が安らぐ。
晴れた日に散歩しているとき、思わず”♪ヒア カム ザ サン‥”なんて口
ずさんでいる。私は死ぬまでビートルズ世代だ。

a0048918_20494584.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-27 20:52 | 音楽 | Comments(0)

セットで70円引き

a0048918_20302994.jpg 
セブンイレブンで弁当を買うと、「セットで70円引き

のシールが貼ってあった。

弁当とドリンクをセットで買うと、値引きをするらしい。

お茶でも買おうか? 

締めて、600円也。高いのか安いのか?

(若い頃は幕の内風の弁当に興味がなかったが、今は

塩鮭がデーンと乗っていたら、ついつい買ってしまう)
[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-26 20:33 | テイクアウト | Comments(3)

またまた肉じゃがを作っちゃいました

豚肩ロース肉が余っていたので、やっぱり残りものの

豆腐を使って、「肉じゃが豆腐」を作った。

今日で3日目だが、安心できる美味しさ。

a0048918_2038472.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-25 20:39 | 自炊 | Comments(0)

かもめ食堂メニュー


a0048918_6185575.jpg

昨日から風邪をひいてしまって、のどが痛い。
もうすぐ5月だというのに、私の部屋は寒い‥。

映画館でもらった「かもめ食堂メニュー」を
ながめている。
おにぎり(梅・鮭・おかか)にはじまって、
なすの揚げ煮、卵焼きなどが並び、最後は
胡麻和え(日替わり)

日本人は、こんな日々ごはんで
             いいんじゃないかなあ。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-25 06:22 | スローライフ | Comments(4)

アップルワイン

北海道余市みやげのアップルワインは面白い酒だ。

梅酒のような甘酸っぱい風味だから、楽しい雰囲気になる。

今夜はペリエで割って、チーズとソーセージと

ちびキューリのピクルスを合わせた。

a0048918_19465349.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-23 19:48 | | Comments(0)

おろし生姜のチカラ

先週、さぬきうどんの温ぶっかけ+半熟卵の天ぷら  390円也

今週、別の店でさぬきうどんの温ぶっかけ+ゲソ天  380円也

今回はおろし生姜をたっぷりと入れたら、驚くほどの美味!

a0048918_22535913.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-22 22:55 | 外食 | Comments(0)

かもめ食堂

コーヒーは人にいれてもらった方がおいしんだよ
男はサチエにおいしいコーヒーの淹れ方を教える。

ぎこちない映画だが、すごく気持ちがいい。
ヘルシンキにある客が入らない和食レストラン。それでも店主の
サチエはあせったりしない。
お客が来る日のためにテーブルを拭き、グラスを磨く。
ひとりが二人になり、三人になり、そして大勢になる。
人がいるほうが「料理はおいしい」

彼女たちは過去を振り返らない。未来を夢見ない。
雑誌「クーネル」の世界? 貧しくてもこざっぱりとしてキレイ。

a0048918_1817746.jpg


サチエは言う。「おにぎりは日本人のソウルフードだから」
おにぎりをにぎり、塩鮭を焼き、豚しょうが焼きを作る。
食事が人をシアワセにする。

サチエ役の小林聡美がすごくすてきだ。
可愛くて聡明で、しかもお茶目で凛としている。

コーヒーを飲んだマサコが言う。「おいしい!」
サチエがにっこりと返す。「ありがとう」
このやりとりだけで、私は涙腺がゆるゆるした。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-22 18:19 | 映画 | Comments(2)

看板に偽り・・?

とある居酒屋の黒板に「大貝のつぼ焼き」というのを見つけた。

サザエのつぼ焼きのように香ばしい酒のアテが出てくるのかと

期待したが、出てきたのは「細かく切った貝の酒蒸し」だった。

ん? 特にまずいワケではないけど、ちょっと違うんじゃないのか?

あああ、最近は外で食べても感激がない。

a0048918_2063937.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-21 20:10 | 外食 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー