ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

誰も寝てはならぬ

「トゥーランドット」
荒川静香さんの金メダルに欠かせないファクターとなったこの曲がテレビの画面から頻繁に流れている。

私はこのオペラを映画で知り、DVDを買い求め、そして舞台のオペラを見に行くまでになった。
第3幕の冒頭、カラフ王子が歌う「誰も寝てはならぬ」はテノール歌手がこぞって歌う永遠のアリアだ。

a0048918_0104841.jpg

氷の皇女トゥーランドット姫が出した謎を解いたカラフ王子は逆に問題を出す。明日の朝までに私の名前を言い当てたら私はあなたをあきらめる。
皇女は北京市民に命令する。「誰も寝てはならぬ」
いやはや大変なワガママ女だ!

そして、カラフ王子の父とその付き人の女奴隷リュウを引っ張り出し、彼の名を言え!と迫る。
王子への愛を貫くために、リュウは皇女のカンザシを抜き取り自らの喉に突き刺す・・・。

イナ・バウアー=トゥーランドット=荒川”金”
皆のこころに永遠に記憶されるだろう。


a0048918_093583.jpg
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-28 00:16 | etc | Comments(3)

プッタネスカ

本日のブランチは「プッタネスカ」
イタリア語で”娼婦風”を意味するらしい。
「無印」で瓶入りのソースを買い求めた。
トマトソースベースにアンチョビ・黒オリーブ・ケイパーなどが入っている。

ベーコンと茹でた小松菜をオリーブ油で炒め、プッタネスカソースとパスタを加える。
とろけるチーズも加え、盛り付けた後、さらに粉チーズ。
贅沢なブランチになった。

a0048918_10165781.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-25 10:20 | 自炊 | Comments(0)

感動した

荒川静香の演技に感動した。
パーフェクトな演技をライブで見ながら、ウルウルしてしまった。

すばらしい演技に対する惜しみない拍手・・そして
スタンディングオベーション
曲はわたしが好きな「トゥーランドット 」だった。
カラフ王子を慕い、自らの命を絶つ女奴隷「リュー」の切なさが
同時に押し寄せてきて、胸がつまった。

a0048918_7251184.jpg


よかった。
本当によかった。
表彰式で君が代が流れたとき、また 感動した。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-24 07:27 | etc | Comments(0)

焼きうどんも、ウマイッす

普段は焼きそばばかり食べているが、たまには焼きうどんにしよ。
急にうどんが食べたくなって作って見たら、これがなかなか・・・
うどんと肉とキャベツだけをフライパンで焼いたものに、ウスターソースとお好み焼きソースをかけ、鉄板に移す。
ホント、すごくウマイッす!

a0048918_19374017.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-23 19:41 | 自炊 | Comments(0)

この酒を、なんと表現しよう

清酒が飲みたくなって、ご当地加西市にある酒蔵
「富久錦」の純米醸造 山廃を買い求めた。
ここの酒は、例えて言うならラフロイグ!?
スコットランドの個性派シングルモルトにも似た
個性が際立った酒だ。
以前、この蔵を訪ねたときに「荒しばり」という新酒を
いただいて帰ったが、それはスゴイ味だった。

a0048918_19283778.jpg


さて、今回の「山廃」もスゴイ味だ!
なんと例えたらよいのか?
15分ほど考えた末の結論は、

そうだ中国老酒「紹興酒」だ!!
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-21 19:33 | | Comments(0)

好きだなあ、カリフラワー

ブロッコリーも好きだが、カリフラワーも大好き。
昨日、Aコープで安く売られていたので1個買い求めた。
まず、茹でてシンプルなサラダに。
ベーコンも一緒にボイルしたからしつこくない。
マヨネーズ+コールスロードレ+粉チーズと
ブラックペッパーで。
シンプルでうまいなあ。

a0048918_18273748.jpg


今晩は、カリフラワーとベーコンが入ったスープパスタにした。
無印良品で買ってきた「チーズポタージュ」を
ミルクでのばし、塩・黒胡椒で味を調える。
カリフラワーがホント美味い。

a0048918_18283527.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-19 18:31 | 自炊 | Comments(0)

なつかしかった電気風呂

a0048918_1655750.jpg

ストレス解消には「あかねの湯」が一番だ。
露天風呂でボケーッとしていると、
少しずつ、いやなことが身体から落ちてゆく。
電気風呂も面白い。腰がピリピリして腰痛によさそうだ。
昔、銭湯でお年寄りがこれをやっていて、子供ごころに不思議に思ったものだ。なつかしい。

湯上りの楽しみは食堂で飲むノンアルコールビール。
先日食べた寒ぶりの刺身がうまかったので、今日は寒ぶりのカルパッチョと穴子の天ぷらにした。

a0048918_1652993.jpg

穴子は揚げたてなので、甘くてGOOD。
カルパはちょっとドレッシングがしつこいが、かわいいラディッシュとカリッとしたカシューナッツがこの店のセンスの良さを表現している。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-18 16:11 | 外食 | Comments(0)

ひまわり油のオイルサーディン

a0048918_20113463.jpg


夕食のあと、ウイスキー水割りのアテをさがす。
大分前に買っていたオイルサーディン缶を発見。
これは、イイぞ。
スペイン産の缶詰で、ひまわり油を使っているらしい。

オーブントースターで熱々にしてから、粉チーズと
刻みパセリをふった。
塩分がうすいので、結構上品だが、ひまわり油が
少しクセがあるみたい。 ちょっと気になる・・・
リノール酸とビタミンEを多く含んでいるというのだが。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-17 20:15 | インスタント | Comments(0)

住民のやるせなさ

以前、神戸に住む両親の家へ行くと、83歳になる母が怒っていた。
「神戸空港は絶対にいらない!」という怒りだった。
両親は神戸市民だから、切実な市民の声である。
震災から11年を経たとはいえ、インフラ整備に大変な借金をした。
3兆円とも言われる借金まみれの地方都市が、更に3000臆円の
借入れをして、海の上に空港を作った。
当初から反対する市民は多かった。長野県知事になった田中康夫氏
も空港建設反対を叫び続けた。
そして住民投票を要望する市民の署名は有権者の1/4以上の
30万人分を集めたが、市議会は建設を強行した。

地方自治体の役人というのは、金を使うことしか考えない。
金を払うのは市民であり、国民だ。
神戸(市営)空港はほんの一例に過ぎない。
おとなしい国民は怒らない。だからあきれるような無駄使いが
横行する。果たして各都道府県に美術館が必要なのか?
ゴッホの絵が必要なのか? 

私は最近、落ち込んでいる。

a0048918_20111815.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-16 20:12 | etc | Comments(0)

カレーは、やっぱり香りです

a0048918_218293.jpg
さきほど、大阪出張から帰ってきました。
今日のランチはカレー。
以前は大阪へ出るたびにラーメンを食べていたが、
最近は何故かカレーモードに入っている。

先日、梅田地下街で人気のある「P」でビーフカレー
を食べたが、がっかりだった。甘いだけで、香りも塩味も
足りない。これじゃ、煮込みすぎたシチューだ。
私が好きなのはスパイシーな”香り”のあるカレーだ。

というワケで、今日はインディアンと共に私が愛して止まない
カレー店「ミンガス」にした。
ここのチキンカツカレーはちょっとボリュームがありすぎるが、
ルウが適度にスパイシーで、白菜のピクルスもウマイ。
値段も650円とリーズナブルだし、コスパが良いカレーだ。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-02-14 21:11 | 外食 | Comments(2)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー