ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:テレビ( 51 )

のどじまん ザ!ワールド


 なんで、こんなに我々日本人のこころを揺さぶるのだろう。


    
[PR]
by jimihen-2 | 2012-10-10 15:08 | テレビ | Comments(0)

「大食い女王戦」の予選会


 私が大好きなテレビ番組に「大食い大会」がある。
どうして好きなのかよく分からないが、多分大食いへの憧れ
あるのだと思う。

昨年、東日本大震災が起きる直前に、神戸で関西予選があり、
それを見に出かけた。なんともヒマなマニアだ。
大食いの常連、木下・正司の二人も出場して、「姫路おでん
で覇を競った。

a0048918_8232471.jpg

a0048918_824241.jpg


しかし、直後の大災害によってそれは放映されず、お蔵入りに
なったものと諦めていたが、昨日テレビ東京で放映された。
おお、うれしい。

さて、今夜の大食い女王決定戦が楽しみだ。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-04-08 08:28 | テレビ | Comments(0)

平清盛のタルカス


年初に大河ドラマが始まってより、気にかかっていた。
テーマ曲のひとつにE.L&Pの「タルカス」のメロディーがあった。

調べてみると音楽を担当した吉松隆氏がフルオーケストラで演奏した
CDを既に出していた。
実におもしろい。
若き日の清盛たちの疾走感によくマッチしている。


 


ちなみに原曲はこちら。

 
[PR]
by jimihen-2 | 2012-03-06 08:47 | テレビ | Comments(1)

「スイセン」と「カーネーション」


 ホームセンターで買ってきた水仙が数日で、花を咲かせた。
可愛い花を見ていると、ほんとうに心がなごむ。

a0048918_14225076.jpg



毎日、楽しみに観ていた朝の連続ドラマ「カーネーション」の
雲行きがあやしくなってきた。

主人公の女傑”糸子”が恋をする。相手は、妻子のある男。
ドラマのモデルになった小篠のお母ちゃんにも、どうやら
そんなエピソードがあったとか・・。


ヒロインの(仕事上の)快進撃を見るのが好きな私としては
ちょっと複雑な心境だ。
[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-22 14:26 | テレビ | Comments(0)

「カーネーション」と「平清盛」


 NHK連続ドラマ「カーネーション」と大河ドラマ「平清盛」。

 女性脚本家、渡辺あやさんと藤本有紀さんががっぷり正面から
激突すると思われたが、今のところ渡辺さんのワンサイドゲーム
のようです。

a0048918_185503.jpg


映画「ジョゼと虎と魚たち」脚本の渡辺さん。
豊かな感性で、女の子と女性と”をんな”を描き分ける。
笑いと涙。軽妙と抒情。
すばらしいの一言である。
視聴者の絶賛がちょっとコワイ。ますますハードルが高くなる。



a0048918_18552650.jpg


一方、「ちりとてちん」脚本の藤本さん。
人間味のある新しい清盛像を描こうと云う意気込みは見えるが、
(今のところ)ほんとうに凡庸だ。
第一に、ナレーションを頼朝にしたのはミスチョイスでは・・。
勝者が敗者の人生を語るなんてオカシイ。
おまけに若い(線の細い)頼朝が・・。

養父役の中井と、白河法皇の伊東の演技が際立っていたが、早く
建て直さないと、視聴者が離れていく。

[PR]
by jimihen-2 | 2012-01-10 18:58 | テレビ | Comments(0)

「深夜食堂」の‥



好きだなあ・・・ 深夜に放送しているドラマ「深夜食堂

人生の吹き溜まりのような場所にだって、

ひたすらにシアワセを求める人たちがいる。



2回に1回は、録画を忘れてしまうが、全部見たいと思っている。

オープニングのしっとりとした歌もいいが、エンドにかかるこの曲もいい。





[PR]
by jimihen-2 | 2011-11-27 09:43 | テレビ | Comments(0)

かけがえのない生命


こんなCMがあるのか、と驚いた。

タイ生命保険のCMだとか。

訴えていることはとてもシンプルだ。


   子を思う親の気持ち

   誰もが苦しいハンディキャップを抱えている

   そして、かけがえのない生命



  


「私は生まれつき耳が不自由で話すこともできない。
本当に、ごめんね。
ほかのお父さんたちのように、話すことができない。
でも、わかってほしい。お前の事を心の底から愛している」

[PR]
by jimihen-2 | 2011-08-13 16:46 | テレビ | Comments(0)

NHKスペシャル「未解決事件 グリコ・森永事件」


a0048918_9105553.jpg


 2日間に亘って放映されたNHKスペシャルは、
制作者の熱意は伝わるものの、苛立ちともどかしさと
徒労感ばかりが残った。


・捜査のミスに対し、言い訳に終始する元警察幹部
・警察幹部と現場との乖離
・県警間の縄張り争い
・中央(警視庁)と地方(府警)の確執

・マスコミ(新聞社)の扇動と劇場型犯罪への加担?
・全国紙間の不毛の特ダネ競争

・社会(国民)全体を敵に回した犯人への憤り
・食品企業の生命線を断つ所業への怒り
・滋賀県警本部長の無念の自殺など




番組の意図は、失敗例から学ぶことは多いという視点だ。
「プロジェクトX」が、いかにして成功し、覇者となりえた
のかを検証する番組であったなら、今回の「未解決事件」は、
いかにして失敗し、迷宮入りしてしまったのかを検証する
ものだ。

しかし、成功者は能弁になるが、失敗に関わった人たちの
口は重い。
今後のシリーズが楽しみでもあり、苦しくもある。
[PR]
by jimihen-2 | 2011-07-31 09:13 | テレビ | Comments(0)

「明日の空」


テレビで「明日の空」という曲を歌っていました。

遠い東北地方で寒さに震えながら絶望と闘っている人々を想い、
涙ぐんでしまいました。

全世界の人が応援しています。
がんばってください。


   
[PR]
by jimihen-2 | 2011-03-18 17:23 | テレビ | Comments(0)

ホットスポット「ブラジル・セラード」


 俳優・福山雅治を道案内役にした知的世界紀行「ホットスポット
最後の楽園」は、大いなる驚きと感動を私に与えた。
このホットスポットとは、絶滅の恐れがある動物が集中して棲む限
られた地域を指し、特集の1回目はマダガスカル島、今回の2回目
が「ブラジル・セラード ~光る大地の謎~」であった。


アルマジロやオオアリクイ、そして夜に怪しく光る蟻塚に住む幼虫
については、既に知っていた。知っていたと思い込んでいた。
しかし、その記憶が何と断片的で薄っぺらい「知識」であったかを
痛いほど教えられた。


ブラジルの大草原セラードには無数の蟻塚が立っている。なぜ、こ
の地が白アリの楽園であり続けたのか? 彼らは何を食べ、どう子
育てをし、生命をつないでいるのか? 
有機的な脈絡のないまま「知識」は放置されていた。



a0048918_956919.jpg












かつて南米は他と切り離された孤独な大陸であった。牛や象などの
草食動物がいない大草原で、ひとり「白アリ」だけが草を食んだ。
無数の蟻塚ができ、アリツカゲラやオオアリクイたちが繁殖する。
オオアリクイはナマケモノに似ている。視力は弱く、体温が低い。
1日のほとんどを寝て暮らす。
しかし、無尽蔵にいるアリを1日に3万匹食べることによって生き
伸びる身体に自らを改造した。

地下でキノコを育てるハキリアリ、ハキリアリの巣の上に育つロベ
イラの実を食べるタテガミオオカミ。目を見張るような驚きの世界
が広がる。
そして、クライマックスは「光る大地」の登場である。ヒカリコメ
ツキムシの幼虫が蛍のように怪しく光を放ち、無数に飛ぶハアリ(
白アリが羽化したもの)を誘う。ハアリを食べて成虫になったヒカ
リコメツキムシはその後何も食べずに子孫を残して死んでいくとい
う。

なんという進化の不思議。
美しくも哀しい生命の連鎖。
生命は共生し、進化し、適応する。


それを見事にとらえ切ったテレビ局のスタッフたち。脱帽だ。
ありがとう。すごい番組だった



a0048918_9563839.jpg
[PR]
by jimihen-2 | 2011-02-11 10:01 | テレビ | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー