ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅行( 70 )

2017年 食博覧会・大阪


a0048918_12355380.jpg


食博」へは毎回欠かさず行っている。
”食いしん坊魂”がうずくのだ。

今回のテーマは「日本の祭り・日本の味くらべ」。
巨大なB級グルメ屋台が集合したような印象だ。

a0048918_12362814.jpg


1)うにく
雲丹+牛肉の組み合わせは、なかなか豪華。

a0048918_12365111.jpg


2)いかめしコロッケ
いかめし+コロッケは、やや無理のあるコラボ?

a0048918_1237713.jpg


3)ドイツビア+フィッシュ&チップス
折角なので、本場ドイツの「ケストリッツァー ペ
ールエール」を飲む。
つまみはソーセージの方がドイツらしかったな。

a0048918_12372694.jpg


4)伊たこ焼
イタリアンなたこ焼き?
明太子マヨネーズを選んだが、思ったよりGOOD!

a0048918_12374875.jpg




*
[PR]
by jimihen-2 | 2017-05-05 12:40 | 旅行 | Comments(0)

京都「二条城」と、お好み焼き「やすい」


a0048918_6225978.jpg


 何度か訪れている京都「二条城」を再訪。
最初に「神泉苑」を見学する。
意外にこじんまりとしている。池に浮かんだ龍を形どった
座敷舟が珍しい。

a0048918_6232396.jpg

a0048918_6233738.jpg

a0048918_6235478.jpg


a0048918_6242955.jpg

a0048918_6244488.jpg

a0048918_625178.jpg

a0048918_6251946.jpg


そして、二条城の二の丸御殿を拝観し、本丸天守閣跡に
登る。外国人のカップルからカメラ撮影を頼まれた。
  「アーユー・レディ?」
a0048918_6253717.jpg




久々に、島原にある老舗お好み焼き店「やすい」へ立ち
寄る。

a0048918_626191.jpg

a0048918_6261890.jpg


実に不思議なお好み焼きである。京都風の”べた焼き”で
あるが、生地が分厚いのでぼってりしている。

a0048918_6264587.jpg

a0048918_627154.jpg


決して美味くはない。(こりゃ、失礼)
それでも長く地元民に愛されているのは、地域に密着した
懐かしい味であるからだろう。

a0048918_6272845.jpg

a0048918_6274873.jpg


この店が発祥だという「」(赤玉ポートワインのチューハ
イ)もいただいた。


a0048918_628760.jpg



ミックスお好み焼き(イカ・牛)  800円
中瓶ビール+赤          900円


*
[PR]
by jimihen-2 | 2016-09-29 06:32 | 旅行 | Comments(0)

京都「等持院」と、寺町「常盤」のビフカツ丼


a0048918_620327.jpg

a0048918_6202592.jpg


 足利将軍家の菩提所である京都「等持院」を訪れた。
マンガチックで巨大な「ダルマ像」を眺め、霊光殿で歴代
将軍の木像を眺める。
なるほど一人ひとりお顔つきが違う。尊氏公は思ったより
ふっくらとしていた。

a0048918_6212127.jpg

a0048918_6214347.jpg


a0048918_6222841.jpg

a0048918_625265.jpg


回遊式の日本庭園が素晴らしかった。
紅葉が始まる前であるが、心字池の水面と緑の対比が
見事である。そして、鄙びた「清漣亭」の佇まい。
銀閣寺の詫びさびに通じる日本の美である。

a0048918_6232946.jpg

a0048918_6235159.jpg

a0048918_6242267.jpg




a0048918_626061.jpg


さて、地下鉄で四条烏丸まで出て、寺町通りの「生そば
常盤
」さんで、名物の「ビフカツ丼」をいただいた。

a0048918_6262242.jpg


出汁を吸ったふっくら卵とじと、牛肉紙カツは素朴な味で、
小生の好みだ。

a0048918_6264243.jpg


百年以上に亘り、地元民に愛される庶民的な味であった。
ごちそうさまでした。

a0048918_6271167.jpg



ビフカツ丼+中瓶ビール=1,300円


*
[PR]
by jimihen-2 | 2016-09-26 06:32 | 旅行 | Comments(0)

「肉のますゐ」@広島市


a0048918_6304326.jpg


 広島支店に勤務している頃は、週1で通っていた。
地元で人気の”すき焼きと洋食の店”だ。

a0048918_6314442.jpg


とんかつメニューにも3種類ある。
サービスとんかつは、ライス付きで350円という恐ろしく
時代錯誤なお値段。常連は「サビトン」と呼ぶ。
上とんかつは600円、そして特上とんかつは990円で
ある。

a0048918_6321240.jpg


今回は「上とんかつ」とビールを注文して待つ。
カラっと揚がったカツにたっぷりの”ますゐソース”が
掛かる。

a0048918_63325.jpg


甘くて濃厚なソースをたっぷりと付けてカツを頬張る。
至福の時。あー、ウマイ。

こんな店が近所にあれば、いつも入り浸りだ。


a0048918_6332793.jpg


上トンカツ+瓶ビール(中)=1,200円ほど
[PR]
by jimihen-2 | 2015-11-05 06:36 | 旅行 | Comments(0)

お好み焼き「まるめん本店」@広島市


a0048918_612299.jpg


 製麺会社直営のお好み焼き店である。
白島(はくしま)店が1号店であるが、製麺工場に併設した
この店を本店にしたらしい。
店内には地元に愛されている奥田民夫のサインがある。

a0048918_613456.jpg


おススメの「まるめん焼き」をお願いした。
鏡面のようにキレイな鉄板上に、生地を丸く引き、キャベツ
・もやし>イカ天・生いか・豚肉を乗せ、横で茹でた生麺を
焼く。

a0048918_6141763.jpg


お好み焼きをひっくり返し、水分を出すように押さえる。
それを焼いたそばの上に乗せる。
卵を割り落として丸く広げ、上にスライドオン。
裏返してソースを塗り、青のり・ごまを振れば、できあがり。

a0048918_6143833.jpg


さ程大きくはない。直径20センチ程度。
味付けがあっさりとしている印象だ。キャベツ・もやしが
たっぷりなので「野菜焼きそば」の変化形のよう。

a0048918_615037.jpg


ごちそうさまでした。美味しかったです。


a0048918_6152110.jpg


まるめん焼き   950円
[PR]
by jimihen-2 | 2015-10-29 06:20 | 旅行 | Comments(0)

インディアメーラー2015  (於:神戸メリケンパーク)


a0048918_7352490.jpg

a0048918_7354254.jpg


 昨年に引き続き、インドのお祭り、インディアメーラー
を楽しんだ。
舞台ではボリウッドダンスがあり、屋台のインド料理と
物販をひやかして周る。

a0048918_736420.jpg

a0048918_7362561.jpg


お気に入りのチーズナンとチキンカレーをいただく。
思ったよりナンのボリュームがあった。

      (チーズナンを裏返すと、焦げ目が・・・)
a0048918_7365848.jpg


喉が渇いたので、冷えたインドビール(小瓶)を買い求
める。ラッパ飲みスタイルで、内容・量とも良かった。

a0048918_7372235.jpg

a0048918_7374477.jpg

a0048918_7382410.jpg


物販コーナーで、金属食器を物色したが、結局、カレー
に使うスパイスを3種仕入れた。
(コリアンダーパウダー、マスタードシード、カレーリーフ)

a0048918_7384646.jpg




カレー+チーズナン    900円
インドビール         300円
スパイス3種         600円

[PR]
by jimihen-2 | 2015-10-13 07:45 | 旅行 | Comments(0)

さぬきうどん「風月」@高松市


a0048918_671652.jpg


 高松市紺屋町にあるうどん店「風月」さんを訪問。
一番人気の”かしわ天おろし”を注文した。

男性2人、女性1人のスタッフは皆若く、ハツラツと
して気持ちが良い。
さて、鶏天が乗ったぶっかけうどんがやって来た。

a0048918_652464.jpg

a0048918_664845.jpg


なるほどこれはイイ。麺も天ぷらも、大根おろしも
レモンんもすべて納得。完成度高し。
ごちそうさまでした。

a0048918_610524.jpg


かしわ天おろしうどん   700円



  ※ジミヘン作の動画「高松を食べる旅」

   
[PR]
by jimihen-2 | 2015-06-04 06:12 | 旅行 | Comments(0)

お好み焼き「ふみや」@高松市


a0048918_7172396.jpg


 「きも玉焼き」で知られる老舗お好み焼き店、
高松の「ふみや」本店さんを訪れた。

とろとろの生地に鶏レバー、砂ずりなどをたっぷり
乗せ、牛脂で焼く。

a0048918_7174394.jpg

a0048918_718457.jpg


卵をかぶせれば完成。自分でソースを塗る。
粉かつお、青のりはない。

a0048918_7182173.jpg

a0048918_7183458.jpg


牛脂の香りが良い。鶏きもは不思議な感覚だ。
全体的に調和は取れている。
ただ、冷えたビールが欲しかった。


a0048918_718516.jpg


きも玉焼き    650円


  ※高松を食べる旅のレポート
    ==>
 http://jimihen3.exblog.jp/21829997/
[PR]
by jimihen-2 | 2015-05-28 07:22 | 旅行 | Comments(0)

神戸・新長田こなもん祭 2014


 久しぶりに新長田へやって来た。
六間道商店街が一番盛り上がる「こなもん祭」の日だ。

a0048918_7463881.jpg

a0048918_7465923.jpg


最初に、1舟100円也の「そばめし」をいただく。
これは普通にウマイ。大出血サービス品!

a0048918_747252.jpg

a0048918_7474488.jpg


大学生も地元の商店街の応援に駆けつけている。
なかなか賑やかで嬉しくなる。

a0048918_7492260.jpg

a0048918_750254.jpg


さて、腹ごしらえに「青森」さんへ入る。
すじ焼きとビールをお願いする。お好み焼きには卵を
混ぜてもらうことにした。
つまり、”混ぜ焼きの長田焼き”をお願いした訳だ。
変則的な”わがままメニュー”。
混ぜ焼き生地の上にミンチ状の”すじこん”をたっぷり
乗せ、更に白い生地を掛けた。
おばちゃんは名物の「そばめし」を焼き続けている。

a0048918_7501848.jpg

a0048918_750331.jpg

a0048918_7504734.jpg


混ぜ焼きなのに、その味は紛れもない”長田焼き”の
それだった。
ごちそうさまでした。
すじ焼き(玉子入り)550円 ビール中瓶500円

そろそろ「そばめし大食い大会」が始まるかな?

a0048918_751686.jpg

[PR]
by jimihen-2 | 2014-11-03 08:00 | 旅行 | Comments(0)

福知山城と「ゴムそば」を訪ねて


 京都・福知山へ小旅行をしてきました。

明智光秀が築いた福知山城へ昇り、地元のB級グルメ
ゴムそば」を堪能。
果たしてゴムそばの味は・・・?


   
[PR]
by jimihen-2 | 2014-05-26 08:11 | 旅行 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー