ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

アマルフィ ~外交官の報酬?


「ムダ遣いは、外交官の特権だ」

黒田外交官(織田裕二)はこんなセリフを吐く。
フジテレビが盛んに宣伝をしている映画「アマルフィ」を妻と見に行った。
監督は、なぜ主人公にこんなセリフを言わせたのか?

子供の誘拐事件から外交問題へと、事件は意外な展開を見せる。
「天使と悪魔」のようだ、という人もいるようだが、私は「ジャック・バウアー」
のようだ、と思った。
シリーズ1では、コソボ紛争の恨みが犯行の動機に繋がった。
「24」ではパーマー上院議員が狙われ、アマルフィでは某大臣が狙われる。
a0048918_15532739.jpg

原作を書いた真保祐一氏のことを、私は知らない。
ネットで検索してみると、初期の代表作は「小役人シリーズ」と呼ばれるらしい。
公務員出身でもない著者が、どういう経緯で役人を描くのか興味が沸く。

そして、主演の織田裕二は、やはりカッコいい。
彼は下っ端の青島刑事から、テロ対策の黒田外交官へと出世した。

「ムダ遣いは、外交官の特権だ」
これは、外務省批判であり、公務員批判だ。
「予算を使い切ることが、我々の使命だ」とも黒田は言う。
それは、ひとり外務省の高級官僚だけに限ったことではない。

サスペンスの内容よりも、そんなところに食いつく私は
かなり、病んでいる!?
[PR]
by jimihen-2 | 2009-07-24 16:00 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31