ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

天使と悪魔


「それでも地球は回っている」なんて、理解に苦しむことを
言われたら、中世の教会は怒るでしょう。
宗教対科学の対立。
それが、この映画の主題になっている。

ロン・ハワード監督は宗教者にこんなことを言わせる。
「科学の発展も必要だが、急がずにゆっくりとやるべきだ」
核兵器を作り出したために
人類は永遠に苦悩し続けなければならない。

学問の根本は真理を探究することだが、知りすぎてしまうと、
”神の領域”にまで足を踏み入れてしまうだろう。
子供の男・女を産み分けたり、クローン人間だって誕生する
かもしれない。

  
a0048918_18494697.jpg


そんなことを少し考えてしまったが、映画の方は荒唐無稽な
娯楽作品だった。
4人の枢機卿が誘拐され、次々に謎の死を遂げる。
そこには不思議な暗号が存在して、・・・・
その謎をトムハンクスが金田一探偵よろしく解いていく。

犬神家の家宝“斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)”になぞらえた
殺人事件を思い出した。
そして、ローマやバチカンの観光名所を案内した後は、
意表をつく「アルマゲドン」の登場。(ネタバレ?)
このサービス精神には、おどろいた。


宗教 & 科学
心 & 脳
心理 & 真理・・・・

どちらも必要ですよ、と映画は語っている。
[PR]
by jimihen-2 | 2009-05-26 18:52 | 映画 | Comments(4)
Commented by REI at 2009-05-26 19:45 x
見られましたか~

意表をつく「アルマゲドン」はよかったですね。(笑)

私は無宗教の上、勉強不足です。

イタリアにも一度行きたくなりましたよ。
Commented by ジミヘン at 2009-05-26 22:16 x
REIさん こんばんは
前作よりもエンターテイメント色が濃くて、
結構楽しめました。
ローマの名所旧跡がたくさん出てきましたね。
バチカンのサンピエトロ大聖堂やパンテオンなど
数年前の旅行を思い出しました。
古建築物マニアのREIさんにピッタリの町ですから、
是非、一度行ってほしいですね。

Commented by REI at 2009-05-30 21:43 x
バチカンというのはローマの中にありますが。。
一国ですよね?
普通に入れるのでしょうか?
パスポートがいるとか?

いいですよね
あの建築物!!!
Commented by ジミヘン at 2009-05-31 07:56 x
独立国家のようですが、確か、塀もなにも
なかったと記憶しています。
ローマから隣りの町内に行くような感じです。
(もちろんパスポート不要)
サンピエトロ大聖堂は、さすがに荘厳で
良かったですね。
天井画も、映画にあった通りです。

でも、なんで「国」にしたんでしょうね?
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31