ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

五味のすべてを味わえる映画


前半は、しょっぱくて苦(にが)い。
そして、後半はホットで、甘酸っぱい。
今年のオスカーを総なめにした「スラムドッグ$ミリオネア」は、
五味のすべてを味わえる映画だった。

アイデアが卓越している。
クイズの問いに答える主人公ジャマールの答えそのものが
彼の生い立ちを語りだす。
彼が人生を生きるなかで学んだ答え。

そして謎解きの面白さ。
何故、スラム育ちの孤児が、全問正解で勝ち進んでいくのか?
何故、彼はテレビのクイズ番組に出たのか?

a0048918_1912318.jpg


少年時代のジャマールと兄の生活はみじめで悲惨だ。
ムンバイのゴミ捨て場に捨てられた子猫のようだ。
しかし、そんな中でも「ひとは生きていかねばならない」
彼の唯一の希望の光は初恋のひと「ラティカ」だった。

(以下、ネタバレになるので詳しくは書けない)
この映画は確かにインドの貧困を描いているが、
社会派の映画ではない。
はっきり言ってしまえば、甘酸っぱいラブストーリーであり、
純愛を貫くメロドラマだ。
そして、人生においてなにが大切なのかを教えてくれる。
・・・・・それが、世界中の映画ファンの心を捉えた。

映画のラストシーンに賛否はあるが、私はとても好きだ。

私からの<ファイナルアンサー>
    ==> この映画を見た人は幸運である!
[PR]
by jimihen-2 | 2009-04-21 19:17 | 映画 | Comments(2)
Commented by eight-b at 2009-04-22 07:50
私も最後の“踊るマハラジャ”は、あると思います(笑)

本当にいい映画でした。
実は初めて一人で映画を観に行きました。
それはジミヘンさんの「おや自炊」の
「私は今年になってから、ひとりで映画を観にいき・・・」
から始まる「妻と家族からの自立を考える」が、ずっと心に残っていたから。

そして“ひとり”の始まりが、この映画だったことに感謝です。
Commented by ジミヘン at 2009-04-22 18:55 x
こんばんは。
私が見に行ったときも、女性のひとり客がたくさんいましたよ。
映画は 「ひとりで見る」 に限ります。
ウルウルしても恥ずかしくないし、
マハラジャ・ダンスを見ているうちに気分転換ができます。
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30