ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

チェンジリング


C.イーストウッド監督の最新作「チェンジリング」。
かつて評判になった「ミリオンダラー・ベイビー」と同様に、
なんともヘビーで悲惨な映画だった。
上映時間は142分もある。
(せめて、2時間以内にまとめてほしい)

「権力による不正(理不尽)に立ち向かう市民」そして
「圧倒的な母性の強さ」

a0048918_20394119.jpg


私は他の作品と重ね合わせながら観ていた。
ひとつは「L.A.コンフィデンシャル」だ。
1920年代の腐敗したロス市警と暗黒組織をサスペンス
タッチで描いた秀作だった。
「チェンジリング」が女性の涙をしぼる映画なら、
「L.A.コンフィデンシャル」は男の胸を打つ映画と言える。
ラッセル・クロウの哀愁にしびれた。

そしてもうひとつの映画は「それでもボクはやってない」。
痴漢の冤罪事件を克明に追う中で、”権力が牙をむいた
ときの恐ろしさと市民の無力感”を描いた。

チェンジリングはわずか80年前に米国で起こった実話
である。腐敗した政治と警察組織。そして彼らに媚びへつらう
医師やその他もろもろの人間たち。
それを、映画館で糾弾するのは簡単だが、それが”言えない”
時代がかつてあり、そしてこれからもないとはいえない。

人間は弱いものだから・・。
[PR]
by jimihen-2 | 2009-02-25 20:17 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31