ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

ダイハード4.0

「世界一ついていない男」、ジョン・マクレーン刑事が帰ってきた。
もうそれだけで、私はそわそわして映画館へ足を運んだ。

a0048918_17313047.jpg


1988年、川崎チネチッタで見た第1作は衝撃だった。
ひとりの刑事が偶然、テロ集団と対決することになり知力と勇気を
ふりしぼって彼らと対決してゆく胸がすくアクション映画だった。
妻のキャラクターも良かったし、かっこいいテロの親分にもしびれた。
胡散臭い見栄っ張り社員や銃を撃てなくなった警官、そして
アホなTVキャスターなど・・・ 実に多彩な人間を見せてくれた。
ラストに流れる小粋なクリスマスソングがいつまでも耳から
離れなかった。

a0048918_17325612.jpg


第4作目になる近作はサイバーテロ対アナログ刑事の対決が
テーマだが、どうにも中途半端なストーリーになった。
若い監督はダイハードシリーズの大ファンを自認していたが、
彼はアクションシーンの大ファンなのだろう。
4.0のアクションシーンは確かにすさまじい。息をつかせぬ
ノンストップアクションは若い世代にはアピールするだろう。
しかし、私たちの世代は、もっとストーリー性や人物描写を期待
する。テロ集団の親分に迫力はないし、登場人物のキャラが
弱い。尤もだと思わせる動機も希薄だし、面白いトリックもない。
無理やり作った脚本は「ターミネーター3」と同様に力がない。
エンドで流れるCCRの音楽もちょっと中途半端な印象を受けた。


期待して見に行く映画は、いつも辛口の評価になってしまう。
[PR]
by jimihen-2 | 2007-07-01 17:35 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31