ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

失敗作と切り捨てるのは酷だが‥


「男が命をかけて守るべきものとは?」

山田洋次作品としては異例の広報宣伝量で、否が応にも気分は
盛り上がったが、見終わった今、「何かがちがう!」と言わざるを得ない。
キムタク主演の時代劇「武士の一分

武士としてのプライドを賭けた闘いなら、もっと違う語り口があっただろう。
夫婦愛の映画だと言われるが、それもちょっとどうか?
二人して本当に困難に立ち向かうつもりなら、地位も名誉も捨てて、
生きてゆくのが潔い。

a0048918_16284139.jpg


山田監督の前作「たそがれ清兵衛」の真田広之、宮沢りえに比べて
主演2人の演技が心もとない。
スマスマの寸劇を見ているような気分になった。
彼が時代劇をやるのであれば、毒見役といったおとなしい下級武士役
よりも、血気盛んな若侍や幕末の志士の方が合っているだろう。

キムタク人気におんぶにだっこの凡作になってしまった。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-12-02 16:35 | 映画 | Comments(2)
Commented by eight-b at 2006-12-02 18:24
あー、そちらでしたか。残念。
ジミヘンさんの感想次第で観に行こうかなと思っていましたが
キムタクやめて大人しく家でコトーせんせだな。
Commented by ジミヘン at 2006-12-02 21:56 x
どうも恐縮です。
期待をし過ぎると、どうしても点数が辛くなります。
胸がキュンとするラストシーンの落ちや、
堂々とした富田勲の音楽など見るべきところも
たくさんあります。
世間の人は、この映画をどう見ているのでしょう?
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31