ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

まじめに生きるってツライね

映画「手紙」を観てきた。
号泣する準備はできていたが、なぜか・・泣けなかった。

「差別」を取り上げた映画である。
犯罪者の家族を差別する社会そのものを責めず、
容認した上で、強く生きろと促す。
人は差別をする生き物である
差別することによって自分の身を守ろうとする。

わたしが一番胸を打たれたのは、主人公を励まし、
支え続けた由美子(沢尻エリカ)の存在だ。
それが、家族だ。
家族というのは「無条件の愛」に貫かれている。
テストでひどい点数を取っても、警察に補導されても
守ってくれるのは家族だ。
「やればできる子なんです。」
そう言ってくれるひとがいないと人は生きてゆけない。


わたしは永山尚太の「ありがとう」の一節を思い出した。
近すぎて見えなくて、ただあなたは笑ってた
自分にとっての由美子さんを探し、家庭をもつことが
シアワセのスタートだ。

それにしても兄も弟もまじめすぎる。まじめに生きる
ってツライね。

a0048918_17583477.jpg

(写真は映画を見終わって、妻と入った喫茶店のコーヒーです)
[PR]
by jimihen-2 | 2006-11-04 18:05 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30