ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

私はただのエンピツです

「私は神の小さな鉛筆です。神がお書きになることを綴っていく鉛筆です」
                               (マザー・テレサ)
オリビア・ハッセー主演の映画「マザー・テレサ」を観た。
マザー・テレサは、以前から気になる人物のひとりであった。その清貧さや、
小さな身体で精力的に動くバイタリティ、そして軸がぶれない生き方に興味を
持った。

修道女であった彼女はカルカッタのスラム街の路傍で死んでゆく貧しい人々を
看過できなかった。治療を受けられないまでも、人間として尊厳をもって
旅立たせてあげたい、そう思った。

「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。だれからも自分は
必要とされていないと感じることです」
              (マザー・テレサ「死を待つ人の家」開設の際の言葉)

彼女は涙を見せない。涙を見せるよりも行動をする。おそるべき強さ!
映画のラストで彼女の言葉が胸を打つ。

a0048918_1022796.jpg
絶望のあるところに希望を届け
悲しみのあるところに喜びを運ぶ
慰められるよりも慰めることを
理解されるよりも理解することを
愛されるよりも愛することを
与えることは与えられること
ゆるすことによって私たちはゆるされ
死ぬことによって永遠の生命を得るのです
                 (マザー・テレサ)

与えることは与えられること・・・・・・・・・深いことばだ。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-06-25 10:30 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31