ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

わが家で「三丁目の夕日」

a0048918_19251059.jpg
昨日発売になったばかりのDVDを早速買い求めてきた。
映画館に足繁く通った「ALWAYS 三丁目の夕日

部屋のカーテンを閉めて、一人だけの鑑賞会をスタートする。この映画は、ノスタルジー+べたべたの人情喜劇の映画だと言われるが、こんなにも「家族」を考えさせる映画はない。

平凡ではあるが、強いきずなで結びつく鈴木オート一家。
両親に逃げられて身寄りのない淳之介と一緒に暮らす偏屈なブンガク、茶川竜之介。
そして、戦争で愛する妻と子を失くした医者の宅間先生。
ケンカをしながらも、平凡に暮らす親子が幸福のありかを教えてくれる。

クライマックスでは孤独なブンガクと孤独なヒロミの心が一瞬
通い合う。見えない指輪をはめるシーンは何度見てもジーンとくる。
縁もゆかりもない他人同士が心の隙間を埋めあって、家族になる。

”私は口べらし”、親に見捨てられたと嘆いた六子は、親の愛情を
知って、生きる希望を見出す。
誰もがみんな、家族を思って生きている。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-06-10 19:31 | 映画 | Comments(2)
Commented by msj19 at 2006-06-11 19:46
はじめまして。
私も見ました三丁目の夕日。じーんときました。
Commented by ジミヘン at 2006-06-12 07:21 x
監督のコメンタリー版を含めて堪能しています。
家でゆっくり楽しめるのは良いですね。
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31