ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

かもめ食堂

コーヒーは人にいれてもらった方がおいしんだよ
男はサチエにおいしいコーヒーの淹れ方を教える。

ぎこちない映画だが、すごく気持ちがいい。
ヘルシンキにある客が入らない和食レストラン。それでも店主の
サチエはあせったりしない。
お客が来る日のためにテーブルを拭き、グラスを磨く。
ひとりが二人になり、三人になり、そして大勢になる。
人がいるほうが「料理はおいしい」

彼女たちは過去を振り返らない。未来を夢見ない。
雑誌「クーネル」の世界? 貧しくてもこざっぱりとしてキレイ。

a0048918_1817746.jpg


サチエは言う。「おにぎりは日本人のソウルフードだから」
おにぎりをにぎり、塩鮭を焼き、豚しょうが焼きを作る。
食事が人をシアワセにする。

サチエ役の小林聡美がすごくすてきだ。
可愛くて聡明で、しかもお茶目で凛としている。

コーヒーを飲んだマサコが言う。「おいしい!」
サチエがにっこりと返す。「ありがとう」
このやりとりだけで、私は涙腺がゆるゆるした。
[PR]
by jimihen-2 | 2006-04-22 18:19 | 映画 | Comments(2)
Commented by k-satto37 at 2006-11-03 22:25 x
こんばんは。気持ちよい秋の連休ですね。ジミヘンさんの紹介で記憶にとどめたこの映画、名画座系で本日みてきました。小林聡美はいい女優になりましたね。コミカル一本と思っていたら、とても雰囲気のある演技をするようになっていた。映画館の中がにわかにほんわかしてくるのがわかりました。おにぎりが日本のソウルフードという言葉の響きとともに、平和で繊細な日本人のルーツを少しだけ確認できた一日でした。
Commented by ジミヘン at 2006-11-04 17:22 x
k-satto37さん、こんばんは。
小林聡美さん、いいですね。 この映画では、自立できるオンナを
好演しています。だから、女性ファンが押し寄せた‥。

この映画は、もっとゆったりと人生を過ごしましょうよ、という
スローライフのメッセージのような気がします。
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31