ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

映画「さや侍」


 松ちゃんの「すべらない話」は好きでよく見ている。
その松ちゃんが、”笑い”についてどう考えているのか、という
興味だけで新作映画「さや侍」を見に出かけた。


 結論をいえば、まったく笑えない映画だった。
 そして、まったく泣けない映画だった。



主人公は、武士の誇りである「刀」の鞘だけを手放せないでいる
素浪人と、その幼い娘。
 『30回の”ネタ見せ”をして、観客を笑わせなさい!』
それが”さや侍”に課せられたお題である。
吉本研修生に課せられた課題のように主人公に「笑いを創る」こと
を強いる。

私は「ガキの使いやあらへんで!」の名物企画「笑ってはいけない
xxx」を思い浮かべた。
笑ってはいけない出演者を何とか笑わそうとする芸人(+放送作家)
の対決が実に愉快だった。
今回の映画では、まったく笑わない若君を笑わせれば無罪放免になる
という設定であるが、本質は同じだ。

しかし、さや侍の笑えない寒いネタばかりが続く。

   
a0048918_923686.jpg



松ちゃんの意図が少しづつ見えてくる。
永久普遍の笑いなんてない。幼子からおばあちゃんまでが一緒に笑え
るお笑いなんてないだろう。笑いは「古典」であれ、「新作」であれ、
ムズカシイものだ。

最後にさや侍は「笑いを創作」することを止め、「武士としての誇り」
を取る。
そこに松ちゃんがこの映画を撮ろうとした動機を見る。
ずっと新しいお笑いを創ってきたけれども、いつも怖くてたまらない。
なぜか充たされない気持ちがある。表現者としてもっと大切なものが
あるのではないだろうか?
もっと面白い興味深い本質的なものがあるのではないだろうか?

そんな自虐的な苦悩が見えた。
[PR]
by jimihen-2 | 2011-06-15 09:04 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30