ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

映画「トゥルー・グリット」

 不思議なテイストを持つ映画だった。
最近では珍しい西部劇である。例えて言うなら若い監督が初めて時代劇を
撮ったような作品か? 
「ローハイド」や「拳銃無宿」で見た西部の風景とは趣きが違った。


父親を使用人に撃ち殺された14才の少女が復讐の旅に出る。
少女は腕の良い連邦保安官を雇うが、その男は年老いた酔っぱらいだった。

この2人に、同じ目的をもったテキサス・レンジャーが加わる。つまり、
犯人をテキサスへ連行して法の裁きを受けさせようとしている男だった。


タイトルの「true grit」とは「真の勇気、不屈の精神」を意味する。
果たしてどのような勇気が発揮されるのか?
はらはらドキドキしながらストーリーを追った。

  
a0048918_932331.jpg



「復讐劇」は単なる背景設定に過ぎない。

「生き抜くことはこんなにも過酷で辛いものだ」ということを監督は
観客に語りかける。
勝気な少女は「大人の世界の荒々しい厳しさ」と共に「生きるものに対する
ほんとうのやさしさ」を見る。

それが、この映画のすべてだ。

西部の荒野に置かれた少女のような目で現代社会を改めて見つめる必要が
あるだろう。
平和ボケした文明社会に浸っていては「強さ」も「やさしさ」も忘れて
しまう。



  a0048918_9343999.jpg
[PR]
by jimihen-2 | 2011-03-23 09:38 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31