ジミヘンのおいしいもの探し

jimihen2.exblog.jp ブログトップ

人間だって借りぐらししているのかも知れない


 あっと言う間の90分間だった。
身長10センチの少女アリエッティと少年との出会いと、別れ。
あまりに境遇の違う2人は、それでも心を通わせる。
はかない命だから、お互いを必死で守る。
小人だって、人間だって「生きていくこと」は大変なことだ。

a0048918_1645646.jpg


ジブリの新作「借りぐらしのアリエッティ」に対する観客の
評価は必ずしも高くなかった。
しかし、短いストーリーに込められたメッセージは
明確に私に届いた。
直接的には「絶滅が危惧される生命」を守ること。
そして、生きとし生ける生命すべてへの愛着。
自然との共生。

この映画の奇妙なタイトルが気になった。
「借りぐらし」
小人は家の床下で、人間のものを借りて暮らしている。
でも、それは私たちが土地や樹木や天然ガスを借りて暮らし、
牛や豚の生命をいただいて生きている「狩りぐらし」
と同じではないのか?
人間は地球上のありとあらゆる自然をわがもの顔で独占し、
豊かに暮らしている。
人間だって借りぐらししているのかも知れない。

そんなメッセージをこの作品から受け止めた。
この映画を見た子供たちも何かしら、そんなことを感じてくれたら
いいな、と思いながら映画館を出た。
[PR]
by jimihen-2 | 2010-07-23 16:47 | 映画 | Comments(0)
line

おいしいものはどこにある? 


by jimihen-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31